コンテンツへスキップ
logo
立体的なInstagramロゴがオレンジとピンクの背景に斜めに配置されている画像

Instagram(インスタグラム)インサイトの見方・指標・分析方法を解説


Meltwater Japan

Nov 18, 2022

View All

Instagramで自社を宣伝したりフォロワー数を増やしたりするためには、各投稿がどれだけのユーザーに見られているか、どれくらいの反応があるかについて分析する必要があります。

そこで役に立つのがインサイトです。インサイトとは、Instagramが公式に提供している分析ツールのことで、各投稿に対する閲覧数やユーザーの反応の増減などを表示してくれます。この記事では、インサイトの見方から分析方法までを詳しく解説します。一読すれば、自社アカウントの改善に役立つインサイトの活用法を学べるでしょう。

Instagramにおけるインサイトの重要性

インサイトとは、Instagramの公式分析ツールのことです。

インサイトを用いれば、アカウントのフォロワー属性(年齢、性別、地域など)に関するデータや、各投稿におけるエンゲージメントなどの数値を確認できます。

また、インサイトはアカウント全体の数値だけでなく個別の投稿における数値も表示してくれます。よって、個別の投稿同士を比較検討することも可能です。インサイトに表示されるさまざまなデータを分析すれば、自社アカウントの投稿に対するインプレッションやエンゲージメントを高める施策が見えてくるでしょう。

したがって、Instagramのインサイトは個人のみならず企業でのSNSマーケティングにも有用といえるのです。

Instagramのインサイトで見れるデータ

インサイトでは、各投稿に対するインプレッションやユーザーの属性、アクション数などが確認できます。確認できる項目は以下のとおりです。

インプレッション 投稿や広告が表示された回数
リーチ 投稿を見たユニークユーザー(一定期間内にサイトを訪れた利用者)数
エンゲージメント 投稿に対してユーザーが行った「いいね!」「フォロー」「コメント」「保存」などのアクション数
プロフィールビュー プロフィールの閲覧数
保存 投稿を保存したユニークユーザー数
フォロワー属性 フォロワーの性別、年齢
保存 投稿を保存したユニークユーザー数
フォロワー属性 フォロワーの性別、年齢層、エリア、アクセス時間帯
Webサイトクリック数 プロフィール記載の「リンク」がクリックされた数
メールアドレスクリック数 プロフィール下部に記載の「メール」がクリックされた数

このように、インサイトでは投稿が閲覧された回数だけでなく、さまざまな指標について数値が表示されます。

Instagramのインサイト閲覧はプロアカウントが必要

インサイトは、アカウントをプロアカウントに切り替えることで利用可能です。

切り替えの手順は以下のとおりです。

  1. Instagramアプリのプロフィールページにあるメニュータブ(「≡」の部分)から「設定」を選択
  2. 「アカウント」を選択
  3. 「プロアカウントに切り替える」を選択
  4. 画面の表示に従いカテゴリを選択
  5. 「クリエイター」か「ビジネス」を選択

カテゴリは、自社の活動に最も合うものを選びましょう。また、企業やブランドでアカウントを持っている場合は「ビジネス」を選択します。なお、インサイトは無料で利用できます。

Instagramにおけるインサイトの見方【概要】

Image of Instagram account and the insight page

アカウントのプロフィールページに表示される「プロフェッショナルダッシュボード」をタップし「アカウントのインサイト」を選択すると、インサイトの概要ページに移ります。

インサイトでは、アカウント全体における数値の概要を把握できます。確認できる項目は「リーチしたアカウント数」「アクションを実行したアカウント」「合計フォロワー」です。以下では、それぞれの項目について解説します。

リーチしたアカウント数

「リーチしたアカウント数」では、1回以上コンテンツを表示したユニークアカウント数を確認できます。

なお、ユーザーに関するデータについてはリーチしたアカウントが100件を超えている必要があるので注意しましょう。リーチしたアカウント数で確認できる項目は以下のとおりです。

リーチしたオーディエンス コンテンツ(広告含む)を1回以上見たユニークアカウントの数。同一アカウントが複数のコンテンツを見た場合のインプレッションとは異なる
フォロワー、フォロワー以外 コンテンツを見たアカウントがフォロワーかフォロワー以外かを表示
コンテンツのリーチ 各コンテンツのリーチ数の差をフォロワーもしくはフォロワー以外で表示
トップ投稿〜人気のライブ動画 指定期間に投稿されたコンテンツのうち、ユーザーの反応数が高い投稿を表示
インプレッション コンテンツが見られた数。同一アカウントが複数のコンテンツを見た場合もカウントされる点でリーチと異なる
プロフィールのアクティビティ ユーザーがプロフィールに対して行った以下のアクションの数 ・プロフィールへのアクセス ・ウェブサイトのタップ ・住所のタップ ・「電話するボタン」のタップ数 ・「メールを送信ボタン」のタップ数 ・テキストボタンのタップ数
保存 投稿を保存したユニークユーザー数
フォロワー属性 フォロワーの性別、年齢層、エリア、アクセス時間帯
Webサイトクリック数 プロフィール記載の「リンク」がクリックされた数
メールアドレスクリック数 プロフィール下部に記載の「メール」がクリックされた数

リーチしたアカウント数を確認することで、ターゲット層に適した投稿ができているか、フォロワーの興味を引く投稿ができているか、フォロワー以外のユーザーにもリーチできているかなどを分析できます。

アクションを実行したアカウント

「アクションを実行したアカウント」では、投稿に「いいね!」やコメントなどのアクションをしたアカウントの合計数を確認できます。具体的には、次の項目が表示されます。

  • アクションを実行したオーディエンス
  • コンテンツでのインタラクション

アクションを実行したオーディエンスでは、「いいね!」やコメントをしたアカウントの属性(国、都市、性別、年齢層、フォロワーかそれ以外か)を確認できます。ただし、アクションを実行したアカウントが100件未満の場合は表示されません。

コンテンツでのインタラクションでは、以下のインタラクション(相互作用)の合計数を確認できます。

投稿でのインタラクション いいね!数、コメント数、保存数、シェア数
ストーリーズでのインタラクション 返信数、シェア数
リールのインタラクション いいね!数、コメント数、保存数、シェア数
動画でのインタラクション いいね!数、コメント数、保存数、シェア数
ライブ動画でのインタラクション コメント数、シェア数

エンゲージメントの増加は、コンテンツの評価に影響します。なぜなら、エンゲージメントが増えれば、アクションをしたユーザーとの関係が深まり、よりリーチが増える可能性が高くなるからです。また、アクションを実行したアカウントを分析すれば、エンゲージメントが高い投稿の傾向を把握しやすくなります。

合計フォロワー

「合計フォロワー」は、アカウントをフォローしているフォロワーの合計数を表示します。

詳細ページでは、指定期間内のフォロワー増減数、フォロワーのエリア、年齢、性別、アクティブな時間帯・曜日を確認できます。ただし、詳細はフォロワーが100人以上いないと確認できないので注意しましょう。

合計フォロワーの項目を見ればフォロワー増減の推移が分かるため、どの投稿でフォロワーが増えたか、または減ったかなどの分析に役立ちます。

インサイトの「あなたがシェアしたコンテンツ」で確認できること

インサイト概要の下に表示される「あなたがシェアしたコンテンツ」では、各投稿の詳細なインサイトを確認できます。確認できる項目は以下のとおりです。

  • 投稿
  • ストーリーズ
  • リール
  • ライブ動画

各投稿は、過去2年分のうち指定期間を設定したものが表示されます。画面上部では、表示項目や期間を切り替えるフィルターの選択ができます。また、コメント数や再生数といった指標ごとに並べ替えることも可能です。

「あなたのシェアしたコンテンツ」の詳細を確認すれば、いつアップしたどのような内容の投稿が注目を集めるのかを分析するのに役立ちます。

Instagramにおけるインサイトの見方【各投稿】

インサイトは、Instagramのプロフィールから見る方法の他にフィード投稿、ストーリーズ、リール、ライブ配信からも見ることができます。各ページからインサイトを見る方法を解説します。

フィード投稿

image of Instagram account and insight page

通常の投稿(フィード投稿)からインサイトを見る場合は、投稿の下部にある「インサイトを表示」をタップして詳細画面に移ります。投稿画像の下にあるのはエンゲージメントを項目ごとに確認するためのアイコンです。ハートマークは「いいね!」の数を示します。吹き出しはコメントの数、紙飛行機は投稿がシェアされた数、リボンはお気に入りに保存された数です。

また、「リーチしたアカウント数」では投稿を1回以上見たアカウント数、「コンテンツでのインタラクション」ではいいね!やコメント数など、「プロフィールのアクティビティ」ではアカウントのプロフィールページが閲覧された回数を確認できます。

ストーリーズ

Image of Instagram stories and insight page

投稿したストーリーの画面を上に向かってスワイプすると、インサイトが表示されます。

インサイト画面にある目のアイコンの横にある数字は、ストーリーの閲覧数です。目のアイコンをタップすると、どのアカウントが閲覧したかを一覧で確認できます。これらは24時間を経過すると表示されなくなるので、データを残しておきたい場合はスクリーンショットを撮っておきましょう。

また、目の横にあるグラフをタップすると以下の項目を確認できます。

  • 概要
  • リーチ:リーチしたアカウント、アクションを実行したアカウント、プロフィールのアクティビティ数
  • エンゲージメント:いいね!やコメント数
  • ナビゲーション:次の写真・動画を見るためにタップされた回数やストーリーズからの移動数
  • プロフィールのアクティビティ:プロフィールページ閲覧数

なお、ストーリーズの公開から30日でインサイト内でのコンテンツは削除されます。この場合、アーカイブからストーリーズを表示し画面を上にスワイプすると、1週間だけ数値を確認できます。

リール

Image of Instagram reel page and its insight page

投稿したリール動画の右下にある三点リーダーメニューから「インサイトを見る」を選ぶとインサイト画面に移ります。インサイト画面には5つのアイコンがあり、各アイコンが表すのは以下のとおりです。

  • 三角:リール動画の再生回数
  • ハート:「いいね!」の数
  • 吹き出し:コメント数
  • 紙飛行機:シェアされた回数
  • リボン:お気に入りにされた数

さらに、下部ではリーチしたアカウントやコンテンツでの詳細なインタラクションを確認できます。なお、リール動画でインサイトが表示されるのは、2021年5月14日以降に投稿された動画に限られます。

ライブ配信

ライブ配信では、配信終了後にインサイトが表示されます。配信が終了したら、画面右上の三点リーダーメニューをタップしましょう。ライブ動画で獲得したコメント・シェア数、エンゲージメント、リーチしたアカウント数、ピーク時の同時視聴者数などが確認できます。

また、ライブ配信を視聴したユーザーの情報も表示されるので、配信の内容がどの年齢層や性別のユーザーから人気かを分析することが可能です。

Instagramのインサイトにおける注意点

2022年11月現在、Instagramのインサイトに表示されたデータをCSVダウンロードすることはできません。

また、各投稿のインサイトは過去2年分、フォロワーやリーチの詳細データは過去90日分のみ表示され、それ以外の期間のデータは表示されないことにも注意しましょう。

長期間にわたってデータを保存し、比較検討用に使いたい場合はスクリーンショットを撮って残しておくなどの対応が必要です。後になって困らないよう、データを保存する方法を決めておくとよいでしょう。

Instagramのインサイトが見られない・利用できない原因は?

Instagramのインサイトは、プロアカウントに切り替えていないと表示されません。

また、フォロワー情報の閲覧にはフォロワーが100人以上いる必要があります。もし、これらの条件を満たしていてもインサイトが見られない場合は、以下の可能性が考えられます。

  • PCまたはスマートフォンのブラウザ版で見ている
  • アカウントがシャドウバンされている
  • 電波状況が悪い

まず、インサイトが見られるのはスマートフォンのアプリのみです。スマートフォンでもブラウザ版ではインサイトが表示されないので注意しましょう。また、アカウントや投稿が何らかの理由によりシャドウバン(運営からのチェックが入りハッシュタグ検索が機能していない状態)され、投稿が他ユーザーに表示されていない可能性があります。この場合は、一定期間を置いてから再度アプリを起動させてみましょう。他にも、アプリを開いた場所の電波状況が悪く、データが表示されない可能性もあります。Wi-Fi接続に変えてみたり、場所や時間帯を変えたりするとつながりやすくなります。

以上のいずれも問題なければ、アプリや端末に問題があるかもしれません。その場合は、一度シャットダウンしてから再起動をしてみましょう。

Instagramのインサイトの活用方法

Instagramのアカウントを成長させ、より多くのユーザーに宣伝するためには、あらかじめKGIおよびKPIを設定し、達成へ向けての方法を立案する必要があります。そこで役立つのがインサイトです。以下では、KPI達成に向けたインサイトの活用方法を解説します。

アカウントの現状を確認する

KPIを設定したら、アカウントにおける現在の問題点や評価されている点などを洗い出しましょう。

具体的には以下の点が挙げられます。

  • リーチ、インプレッション、エンゲージメントの推移
  • フォロワーの増減
  • プロフィールへのアクセス数
  • 投稿における好意的な反応の割合

投稿の全体(通常投稿、ストーリーズ、リール、ライブ配信)の状況を把握することで、アカウントの改善点が見えてきます。

課題を把握して改善策を立てる

アカウントの現状が把握できたら、改善すべき課題について仮説を立てて考えてみましょう。

仮説を考える際は複数の仮説を立て、それらに対応する改善策を立案していきます。たとえば、ユーザーからのリーチやインプレッションが低い投稿が続いた際の仮説では

  • 「投稿内容がターゲット層の年齢や性別に刺さらなかった」
  • 「ターゲット層のアクティブユーザーが少ない時間帯に投稿していた」
  • 「リールやライブ配信で見せた方がよい内容を通常投稿で投稿していた」

などが考えられます。そして、それらに対応する改善策も考えていきましょう。改善策を立てたら、リーチやインプレッション、エンゲージメント数など問題に対応する指標を決め、KPIを設定します。

改善策を投稿に反映させる

問題に対する改善策が立案できたら、実際の投稿に反映させてみましょう。

このとき、すべての案をまとめて一つの投稿に反映させてしまうと正確な効果測定が難しくなります。なぜなら、まとめて反映させるとどの改善策が良かったのか、または悪かったのかが明確にできないからです。

したがって、改善策は1投稿につき1つ反映させましょう。また、改善策がどのように功を奏しているかは、期間を区切ってチェックするとわかりやすくなります。

インサイトで数値を分析する

改善策を反映した投稿をしたら、KPIを基にそれぞれの投稿における数値をインサイトで確認しましょう。

数値が改善されていれば、その改善策が適していたことになり、以降も同じ改善策を取り入れればよいことがわかります。反対に、数値に変化がみられなかったり悪化した場合は、その改善策が適していないことになるため、別の改善策を取り入れるか新たに立案することになります。

新たな改善策を考える際は、KPI以外の数値も確認しながら全体の効果を見るとよいでしょう。

インサイトを使用した投稿では、現状分析と課題の洗い出し、改善策の立案、実際の投稿、効果測定というPDCAサイクルを繰り返すことが大切です。

Instagram運用の効率化には外部ツールの導入がおすすめ

企業のInstagramをさらに効率よく運用していきたいなら、外部ツールの導入がおすすめです。

個人アカウントの運用であれば、インサイトだけでも十分必要な情報が得られるでしょう。しかし、企業のInstagram運用においては、インサイトだけだと情報の管理、分析のいずれも時間と手間がかかりがちです。

この点、外部の分析ツールを導入すれば、大きく分けて以下の点でメリットがあります。

  • 分析期間を自由に設定できる
  • 分析レポートの作成がしやすい

インサイトで表示できるデータは過去90日分までという制約があります。この点、分析ツールを使えば調査したいデータの期間を自由に決められます。また、Instagramの運用にあたっては詳細な分析レポートが必要なところ、分析ツールがあれば数値をCSV形式で保存できるので便利です。

Meltwaterでは、多様なデータの収集・分析が可能なオールインワンツールを提供しています。

Meltwaterのツールであれば、iOSやAndroidモバイルアプリで時間や場所を問わず誰でも簡単にアクセスが可能です。さらに、単に数値を表示するだけでなく、 具体的なデータに基づいた分析やカスタマイズ可能なレポートの提供もしています。

Instagramはインサイトでデータの分析・改善ができる

Instagramでは、インサイトを活用することで一つ一つの投稿をさまざまな指標から分析できます。インサイトに表示された数値を分析することで、よりユーザーの目にとまりやすい投稿にするための改善へとつなげることができます。

もっとも、企業のアカウント運用を考えた場合インサイトだけでは不十分です。コンテンツを改良し、アカウントをさらに成長させるためにはより管理がしやすい外部ツールに頼ることも必要です。

「Instagramのインサイトだけではデータの管理・分析がしづらい」「より詳細な分析を可能にしたい」とお悩みの担当者の方がいらしたら、Meltwaterまでご相談ください。

Meltwaterの詳しい情報はこちら

また、MeltwaterではマーケティングにおけるInstagramの重要性や、ビジネスに活用する具体的な方法を解説したeBook「究極のInstagramガイド」を提供しています。Instagram運用における全体像を把握できる内容なので、ぜひご活用ください。

eBookの無料ダウンロードはこちら

Loading...