最新のMeltwater製品アップデートで「ソーシャルリーチ」という機能が追加されました。
ソーシャルリーチはYouTube、Twitter、Facebook、Instagramで検索したトピックについてどれだけ投稿が行われているかを可視化することができます。

例えば「ゲリラ豪雨」というキーワードで検索を行った場合、SNS上での露出数は以下のように見ることができます:
7月18日に急激に露出数が増加したのが分かります。この検索結果をもとにSNSの投稿が最も多いSNSチャンネルを見るには「トップ媒体」のフレームを活用することで見ることができます。

Twitter、ブログ、Instagramが上位3位のトップ媒体だったのが分かります。

上記とは別に、SNS上のリーチ数を可視化する場合、ソーシャルリーチを活用することができます。日割りの棒グラフは各SNSチャンネル (YouTube:赤、Twitter:水色、Facebook:青、Instagram:オレンジ) に分けられており、その日ごとに4つのSNS上のリーチ数が見れます。このグラフはリーチ数が少ないものが一番下にくる設定がされているので、7月18日を見るとYouTubeが少なく、一番多いリーチ数はTwitterなのが分かります。7月14日と比べると、「ゲリラ豪雨」についてのYouTube上でのリーチは全く無く、Facebook、Instagram、Twitterの順番でリーチ数が増えています。

「ソーシャルリーチ」のフレームはMeltwaterのプレミアム・ソーシャル・パッケージを導入されている方全員に使用していただくことができます。

============================================================

分析対象のソーシャルメディア、ネット記事分類は以下の通りです。

  • ソーシャルメディア:Instagram, Twitter, Facebook, YouTube, ブログ、製品レビュー、フォーラ ム(掲示板。具体的にはログ速、お悩み掲示板等。)、コメント(ニュース記事やブログなどにされているコメント)で公開されているもの
  • オンラインニュース:全世界で250,000媒体、日本は6,000媒体。五大紙(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、産経新聞)のネットニュースを含みます)