マーケティングコミュニケーション戦略の重要性と5つの手法を解説

Typing on laptop
Typing on laptop

マーケティングコミュニケーションは、現代において非常に効果の高いマーケティング手法として知られています。従来のマーケティング手法の効果が徐々に薄れてきている今、効率的に事業を運営するためには知っておきたい取り組みのひとつです。

本記事ではマーケティングコミュニケーションの重要性や具体的な手法、企業による成功事例、戦略の進め方を紹介します。

マーケティングコミュニケーションとは?

まずはマーケティングコミュニケーションの概要を紹介した上で、4C・4Pなどのマーケティングミックスとの関連性、マーケティングコミュニケーションが重視されている背景について見ていきましょう。

マーケティングコミュニケーションの概要

マーケティングコミュニケーションはマーケティングの一部分にあたります。

マーケティングとは顧客に商品やサービスを通して価値を提供するために必要となる、すべての行動のことです。例えば、広告による宣伝や販売戦略、それらの活動を支えるバックオフィス業務など、市場に関わるすべての企業活動がマーケティングに含まれます。

マーケティングの中でも顧客と直接関わる部分が、マーケティングコミュニケーションです。

4P・4Cなどのフレームワークの一部としても重要な要素

マーケティングコミュニケーションに対する理解を深めるために、マーケティングミックスと呼ばれる4C・4Pとの関連性にも触れておきましょう。

マーケティングコミュニケーションは、企業側が顧客に対してどのように価値を届けるのかを推し量るために用いられる4P、つまり「Product(製品)・Price(価格)・Place(場所)・Promotion(販売促進活動)」の中のPromotionにあたります。

また、4Pを顧客側の視点に落とし込んだフレームワークである4C、つまり「Customer Value(顧客にとっての価値)・Cost(コスト)・Convenience(利便性)・Communication(コミュニケーション)」では、Communicationにあたる部分になります。

つまり、マーケティングに重要な4C・4Pの中でも、それぞれ「顧客と密接に関わる部分がマーケティングコミュニケーション」ということです。

マーケティングコミュニケーションが重要視される背景

マーケティングコミュニケーションが重視されるようになった理由のひとつが、スマートフォンやSNSの普及です。

従来ではマスメディアによる広告が一般的でしたが、SNSの普及により企業は顧客に直接的なアプローチをかけられるようになりました。同時に、今までは一方向だったプロモーション活動も、双方向でのコミュニケーションが可能になったといえます。

さらに、PRの手法が多様化しており、ユーザーへ訴求するポイントやストーリーを工夫する必要が出てきた点も重要です。従来のマーケティング手法では成果を出しづらくなってきているため、SNSをはじめとする販促活動がより強い効果を持つようになっています。

今後は新たな広告戦略や顧客インサイトへ訴えかける手法を、マーケティングコミュニケーションにより構築していくことが重要です。

Phone with twitter content

マーケティングコミュニケーション5つの手法

Web広告やSNSによる販売戦略など、マーケティングコミュニケーションに代表される5つの手法をそれぞれ紹介します。

1|広告やPR戦略

広告・PR戦略とは、テレビCMや新聞といったメディアを通じて情報を発信し、購入やサービス利用をうながす活動のことです。

従来の広告戦略ではもっとも代表的なものでしたが、最近では以前と比べると効果が減少し、Web広告の需要が高まっています。また、テレビCMとWebメディアをかけ合わせるクロスメディア戦略といった手法も増えており、マーケティングコミュニケーションの幅が広がっているといえるでしょう。

2|販売促進の戦略

販売促進とはクーポンの配布や試食、キャンペーン、店内POP設置などが該当します。認知拡大や購買意欲を高めることが主な目的です。

近年ではSNSを活用した販売促進が増えています。例えば、TwitterやInstagramを用いたクーポン配布や、拡散によるプレゼントキャンペーンなどが挙げられます。話題に上がればターゲット層への大規模なリーチが見込めるでしょう。

3|DM(ダイレクトマーケティング)の活用

ダイレクトマーケティングはメールや手紙などで顧客に直接アプローチし、購買意欲を高める方法です。顧客のレスポンスを得ながら関係を構築したり、ニーズを把握したりできます。

従来のDMといえば、チラシやカタログ、無料サンプルを送るケースが多く見られました。近年では購入履歴を参考にした関連商品の提案や、LINEを含むSNSでのやり取りによるアプローチも多く見られます。長期的な関係構築に役立ち、リピート施策にも効果的です。

4|イベントの開催

展示会やセミナーを開催すると、顧客と直接的にコンタクトを図れます。商品やサービスを実際に試してもらい、リアルな体験を提供することでコンバージョンを狙いやすい特徴があります。

また、顧客からのフィードバックを直接得られるので、ニーズの分析や回を重ねるごとにイベントの精度を高めることも可能です。最近ではオンラインでのイベントも増えており、手軽に取り組みやすくなっています。

5|対面・非対面含む人的販売

営業担当者が直接顧客と対面してユーザーの問題をヒアリングしたり、解決方法を提案したりすることが対面によるプロモーションです。

また、電話やSNS、Webサイトを用いて商品やサービスを訴求し、アポイントメントの獲得や問い合わせに対応する、非対面でコミュニケーションを取る方法もあります。

対面であれば具体的にニーズを把握しやすく、非対面の場合はより多くのユーザーにリーチできることがメリットです。

マーケティングコミュニケーション戦略の成功事例

シャープ株式会社やハーゲンダッツジャパン株式会社など、マーケティングコミュニケーションに成功した代表的な3つの事例を紹介します。

YouTubeの「好きなことで生きていく」

YouTubeが2014年に打ち出した広告「好きなことで生きていく」は、マーケティングコミュニケーションを代表する好事例のひとつです。

HIKAKINをはじめ、著名なYouTuberを用いた大々的なPR活動をあらゆる媒体で行い、YouTubeの認知度は飛躍的に高まりました。さらにはユーザーの動画投稿への心理的なハードルを下げ、YouTuberが増えるきっかけとなりました。

シャープ株式会社の「効果的なTwitter運用」

マーケティングコミュニケーションにおいて、SNSを効果的に活用している代表的な企業といえばシャープ株式会社です。同社のTwitterアカウントは親しみやすい投稿内容から多くのファンを抱え、フォロワー数は83万人を超えています。(2022年11月執筆時点)

宣伝ツイートを流すだけでなく積極的にユーザーとのコミュニケーションを取ることで、ニーズ分析や効果的な営業活動につなげています。

ハーゲンダッツジャパンの「ユーザーを巻き込んだキャンペーン」

ハーゲンダッツジャパンがTwitter上で行った「あのフレーバーをもう一度 ”フレーバー復活選挙”」も、多くのユーザーを巻き込んだマーケティングコミュニケーションの成功事例です。

過去の24種類のフレーバーから復活してほしいフレーバーを1日1回投票でき、1位を選んだ人の中から1,000名にアイスをプレゼントするという企画です。このキャンペーンは2か月で26万票を集め、大きな話題となりました。

マーケティングコミュニケーション戦略のフロー

マーケティングコミュニケーション戦略を立てる際には、以下の流れを意識しましょう。

  1. ターゲットの設定
  2. チャネルの選定
  3. コミュニケーションの内容や目標の設定
  4. データ分析・改善

効果的な戦略を立てるためには、まずターゲットとなる顧客像を明確に定めます。その上で、ターゲットに届くようなコミュニケーション手段やチャネルを選択します。このとき「若者がターゲットだからInstagram」といった単純な理由で選ぶのではなく、戦略の目的やサービスの特徴なども加味して選択しましょう。

次に、マーケティングコミュニケーションによって伝える内容や、売上高・アクセス数といった具体的な目標の数値も設定します。戦略の実施後は効果を測定し、結果に関わらず改善点を見つけ、今後の施策に活かすことが重要です。

Pensive man holding a phone on sofa

マーケティングコミュニケーションにおける情報収集

マーケティングコミュニケーションには情報収集が必須です。また、単一のチャネルからではなく複数のSNSやメディアなどから、幅広く日々情報収集し、分析に活かすことが重要です。

SNSやメディアからの情報収集・分析には、ソーシャルリスニングやモニタリングに特化したツール「Meltwater」をおすすめします。Meltwaterは15種類以上の主要なSNSチャネルに対し、無制限でキーワード検索の設定が可能です。

さらに複数のSNSアカウントを一括で管理でき、収集したデータを分析することでターゲット層への理解を深めることにも役立ちます。

継続的な事業成長にマーケティングコミュニケーションは重要

従来のマーケティング手法の効果が薄れている昨今において、今後も効率よく事業を続けるためにはマーケティングコミュニケーションへの取り組みが重要です。

マーケティングコミュニケーションは顧客との接点となる双方向のプロモーションであり、SNSやスマートフォンが普及している現代では非常に効果が高い手法といえます。

効率的にマーケティングコミュニケーションに取り組む場合、情報収集や分析に長けたツールの活用がおすすめです。Meltwaterはあらゆるチャネルから情報を収集し、分析・管理においても効率的に行えます。詳しくは公式ページをご覧ください。

Meltwaterの詳しい情報はこちら