あなたはCEOやエグゼクティブ、リーダーたちが常に次の大きな業界トレンドを把握しているように見えることについて、なぜなのか疑問に思ったことはありませんか?それは単に幸運だからではありません!特にビジネスの場合、時代を先取りするには時間と献身的な取り組みが必要です。ですが、心配いりません。これから紹介するヒントに従えば、業界リーダーへの道を順調に進むことができるはずです。

業界誌を購読する

コーヒーテーブルの上に堂々たる雑誌の山を築くためだけに業界誌を購読することはやめましょう。情報の宝庫を購読し、きちんとそれらを読む時間を作ってください。業界誌を読めば、競合他社の取り組みや業界を席巻しそうなトレンドを垣間見ることができます。ほとんどの業界は急速に変化しているため、周りで起こっていることを完璧に把握するためには、一貫して業界誌に毎号目を通さなければなりません。

顧客の意見を確認する

業界に関する顧客のプライベートな会話を盗み聞きする方法があればと思いませんか?幸いにも、掲示板やフォーラム、ソーシャルメディアの公開メッセージを探せば、顧客がどのようなことを話しているかが分かります。顧客がインターネットを利用するのは、主に不満を言いたいときや、何らかの点で製品やサービスが違っていてほしかったという話をしたいときです。彼らの話をメモし、パターンが見つかったら、ビジネスパートナーにその考えを伝えましょう。市場が顧客の望みに応えるのには通常長い時間がかかりますが、彼らの声に耳を傾ける時間を作ることによって、はるかに迅速に適応できるようになります。

卸売業者と話をする

御社は製品が主体の企業ですか?卸売業者は御社よりもエンドユーザーとの距離がはるかに近いため、彼らの知識を利用すれば、業界の少し先のことを知る手がかりが得られるでしょう。卸売業者は頻繁に小売店を訪れ、スタッフや店主と交流します。その会話を通して、卸売業者は売れている製品と売れていない製品、競合他社の取り組み、顧客の疑問について貴重な知識を得ています。また、卸売業者は最新トレンドをいち早く知る立場でもあるので、彼らと話すチャンスを逃さないようにしましょう。

間接的な競合他社に目を向ける

企業は直接的な競合他社の活動ばかりに関心を持ち、間接的な競合他社のことは完全に無視するという過ちを犯しがちです。なぜこれが問題なのでしょうか?間接的な競合他社は、同じオーディエンスをターゲットとしながら別の製品を販売しているため、顧客の要望に対して独自の解釈をしている可能性があります。例えば、御社がシャンプーの会社で、間接的な競合他社が女性向けのヘアケア製品を扱っているとします。有名ブランドが発表した新製品の大半が縮れ毛を落ち着かせるものだった場合、彼らは女性の望みを知るためのリサーチを行ったとみて間違いないでしょう。したがって、御社はこの情報をもとに縮れ毛を減らすためのシャンプーを打ち出せばよいのです! また、業界外のあまり目立たない間接的な競合他社に目を向けても損はありません。それによって得られた洞察は、やがて役に立つはずです。

業界のニッチな出版物や競合他社についてリアルタイムの情報を入手することは可能ですし、メディア情報を活用すれば、ソーシャルリスニングを通じて業界トレンドがどのように表面化しているかを知ることができます。メディア情報プラットフォームでは、御社の業界と関連業界で進行しているトレンドについて理解するために必要な洞察を導くことができます。

========================================================
執筆者:Business2Community、Joel Goldstein
このブログはSongBird Marketing Blogに掲載され、転載されたNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。