株式会社ラグノオささき

拡大するSNS上のフォロワーから多くの消費者の声を収集・分析することで、商品開発および改良に繋げ、売上を向上に繋ぎます。

株式会社ラグノオささきについて ー 1884年に青森県弘前市百石町にある「和菓子さゝき」という小さな駄菓子屋から始まりました。現在の社名に変更したのは1969年。お菓子製造・販売メーカーとして東北地方に約80店舗展開し、「カスタードケーキいのち」「パティシエのりんごスティック」「ポロショコラ」などの人気商品を持っているお菓子の老舗となっています。

Meltwaterは、 株式会社ラグノオささきを支援しています

Twitter 公式アカウントからの発信と売り上げの間の相関データの抽出

Meltwater・Engage(エンゲージ)を使ったTwitter 公式アカウントの戦略的管理

インフルエンサーの特定

アジア市場でのInstagram活用戦略

挑戦

Twitter公式アカウントの開設および顧客コミュニティの構築

現在同社では「ガトーショコラ」や「ポロショコラ」関連カンバセーションのボリュームがかなりに上り、販売拡大につながる可能性のある情報も多いことから、①Twitter上の「ポロショコラ」関連カンバセーションの内容把握とインフルエンサーの特定を行い、②「ポロショコラ」専用の自社Twitter 公式アカウント(2021年6月開設)からの積極的発信によるフォロワー数増加を目指すこと、を当面の目標として掲げておられます。

「どんなお客様に商品を手にとって頂いているのか、実際に見ることはできないので、Meltwaterで得た情報を収集することにより、社内でお客様像を想像したり、意見を参考にし、次回の新作へ向けての商品設計を立てたりなど商品の開発の仕方が段々と変わってきており、良い変化が見られていると感じてます。」

株式会社ラグノオささき マーケティング部 細野夕紀 氏

ソリューション

拡大するSNS上のフォロワーから多くの消費者の声を収集・分析することで、商品開発および改良に繋げ、売上を向上

2021年6月に「ポロショコラ」専用Twitter公式アカウントを開設して以降、ラグノオささき様では「ポロショコラ」のオンラインマーケティングキャンペーン(景品付き)を7月及び10月の2回にわたって開催しました。

同社マーケティング部の細野夕紀様によると、これらキャンペーンの結果、公式アカウント開設直後は200人程度だったフォロワー数が1回目のキャンペーン実施後には2000人超に、そして2回目のキャンペーン実施後には5000人超に増えたことが確認され、フォロワー数の拡大に関しては着実に成果を見せ始めているようです。消費者ツイートのリツイートも積極的にスタートされています。また、誰が何に価値を見出して「ポロショコラ」を買っているかについても、知見が得られるようになっているとのことです。

さらに、同社マーケティン部がTwitter上の消費者のポジティブな声を社内で共有し始めたところ、「ポロショコラ」の製造に携わっておられる現場の皆さんから「非常にモチベーションが上がる」との大変前向きな声が寄せられるようになり、社内で副次的効果も出ているとのお話も伺っています。一方、Twitterアカウントの開設と「ポロショコラ」の売り上げとの相関関係についても、データをそろえて分析を開始していきたい、と同社では考えておられます。

「想像以上に地元以外のお客様が弊社の商品を認知しておられ、好意的な感想を持っていることを知ることができました。他にも様々な食べ方のアレンジ事例や、弊社商品に対しての要望などもリアルタイムで収集することができるようになりました。」

株式会社ラグノオささき マーケティング部 細野夕紀 氏