Google様

ソーシャルリスニングでグローバルの動向を追跡 ケイティ氏は、Google Cloud Platform(GCP)のソーシャルメディアプログラムの開発にあたり、同社のチャネルだけではなくあらゆるオンライン上の会話を分析・定量化できるツールを必要としていました。 GCPは、Google様と同じインフラ環境下で多様なアプリケーションへ接続でき、さまざまな国や言語を横断し、オンライン上の会話へのリーチを可能にしたプラットフォームです。2014年、ケイティ氏はSysomos(Meltwater Social)に出会います。 あらゆる側面からサポートを行うパートナーなくしては、同社のデベロッパープログラムで、膨大かつ煩雑な作業を要するソーシャルメディアのインパクト分析は不可能に近かったでしょう。 Meltwater Socialは従来のソーシャルリスニングでは得られないインサイトを掘り起し、またAPIフィードによる強固な生データを提供し、社内のダッシュボード上の自社のデータソースと組み合わせることを可能にしました。

課題

ソーシャルメディア分析においてGoogleチームのネックとなっていたことは?

ソーシャルメディアリスニング分野においては、もともと十分なデータを保有していましたが、主力プログラムや製品に関するオンライン上の会話において、世界中にちらばる足跡を辿ることは困難でした。また、センチメント分析とデータ分析プロセスの自動化においても限界を感じていました。

ソーシャルメディア分析の強化により、今後Googleはどのように成長すると予想しますか?

私たちは、データ分析において最前線に立ち、高い成果を達成し続けていますが、データと自社製品やサービスの相関性をさらに深く掘り下げ理解することで、さらなる高みに到達できると考えています。

「Sysomos(Meltwater Social)は、自社ソーシャルチャネルだけでは収集できないリーチ・エンゲージメント・センチメント分析データを提供してくれます。自社の投稿のパフォーマンスの分析・評価のみならず、あらゆるオンライン上の会話を把握したい私たちにとって、欠かせない存在です。」

Google様 クラウドデベロッパーリレーションズチーム プログラムマネージャー ケイティ・ミラー氏

導入の成果

ソーシャルメディア分析から引き出せるインサイトは?

主要キャンペーンやイニシアチブにおいては、世界中のあらゆる足跡を追跡することが非常に重要です。 それにより規模感、類似キャンペーンとの比較、ターゲットとするデモグラにリーチできているかどうか、 今後のためのラーニングなどを得ることができます。

ソーシャルメディア分析の強化により、今後Googleはどのように成長すると予想しますか?

私たちは、データ分析において最前線に立ち、高い成果を達成し続けていますが、データと自社製品やサービスの相関性をさらに深く掘り下げ理解することで、さらなる高みに到達できると考えています。