コンテンツへスキップ
logo
Twitterロゴの正方形のタイルが複数ブルーの背景に配置されている画像

X(Twitter)でフォロワー検索するには?効率アップの検索コマンドを紹介


Meltwater Japan

Nov 16, 2022

View All

X(Twitter)のフォロワーを検索したり特定ユーザーのツイートを検索したりなど、Twitterにおいて欲しい情報を入手するのは手間がかかります。
企業のTwitter運用において、情報収集の効率化や検索精度の向上は重要な課題です。
検索は日々行うものなので、長期的に見ると大きな差が生まれます。

Twitterは2023年7月にXへ名称変更されましたが、本記事ではTwitterの呼称のまま、Twitterの検索を効率的にできる「検索コマンド」について解説します。
さまざまな組み合わせで使える検索コマンドを上手に活用すれば、Twitter運用の心強い味方になってくれるでしょう。
まずは「Twitterのフォロワー検索機能」について解説し、その後に検索コマンドを詳しく紹介します。

X(Twitter)公式にフォロワー検索機能はない

Twitter公式にフォロー検索機能はあるものの、フォロワーの検索機能は搭載されていません。

そのため、公式内で特定のフォロワーを探す場合、フォロワーリストから1人ずつ確認する必要があります。また、検索だけでなく並び替え機能も搭載されていません。

そのため、フォロワーを検索したりフォロワーを並び替えたりする場合は、ツールの導入が必要になります。

Image of a woman holding a smartphone in one hand and operating a PC with the other hand.

Twitter管理ツールを使えばフォロワー検索ができる

Twitter管理ツールとは、Twitterアカウントを効率よく簡単に管理するためのツールです。

Twitterアカウントの一元管理や各指標の分析に使用できます。アカウントがどのくらい成長したか、ツイートに対する反応はどの程度かなどの分析が可能です。

Twitter管理ツールは、フォロワーの状況を確認する際に使用することもできます。フォロワーの年齢や住んでいる地域などのユーザー属性を把握できたり、フォロワーの中で「いいね」や「リツイート」、「リプライ」などの反応をしたユーザーは誰か把握できるなど、今後のTwitter運用で参考になるデータを収集できます。

管理ツール導入の効果

管理ツールの魅力は、Twitterの運用を効率化しつつ、分析の精度を高められる利便性の高さです。管理ツールはPDCAの高速化を実現できることから、マーケティングでTwitterを使用する場合に活躍します。効率的な運用による社内リソースの確保や分析精度の向上に役立つため、有料ツールを使用した場合であってもコストパフォーマンスに優れています。

Twitter運用の効率化や分析精度の向上を目指す方は、優れたTwitter管理・分析ツールを提供するMeltwaterにご相談ください。Meltwaterは管理や分析に必要な機能をカスタマイズして導入できるため、ペルソナ・コミュニティ分析までもが可能です。詳しいツールの情報はこちらをご覧ください。また、管理ツールの導入なしで詳細な検索をしたい方は次項から紹介する「検索コマンド」を参考にしてください。

Twitterの検索コマンドを活用すれば効率的に検索できる

Twitterで調べ物をする際に、ハッシュタグを使用した検索を行なった経験のある方も多いのではないでしょうか。

Twitterには、ハッシュタグのようなコマンドを入力することで特定のツイートのみを表示する機能があります。このコマンドのことを検索コマンドと言います。

検索窓へ普通にキーワードを入力した場合、余計なツイートまでヒットしてしまい目当てのツイートに辿り着くまでに時間を要してしまうことがあります。検索コマンドを適切に活用することで、目的のツイートへの到達時間を短縮し、効率よく検索を行えます。

検索コマンドは単体で使用することも可能ですが、複数の検索コマンドを組み合わせることで、さらに精度の高い検索が可能です。

主要9つの検索コマンド一覧表

Twitterには多数の検索コマンドがあり、全て覚えるのは難しいでしょう。ここではよく活用される検索コマンドを紹介します。まず覚えておきたい検索コマンド9つを一覧でまとめました。

上記のコマンドを上手に組み合わせると、以下のような検索ができます。

検索コマンドの解説 検索コマンド
@検索(特定ユーザーに関連するツイートを検索) @ユーザー名(ID)
from検索(特定ユーザーのツイートのみ検索) from:ユーザー名(ID)
to検索(特定ユーザーに向けたリプライやメンションを検索) to:ユーザー名(ID)
since検索(指定した日以降のツイートに絞り検索) since:年-月-日
until検索(指定した日までのツイートに絞り検索) until:年-月-日
画像検索(画像を含むツイートのみを検索) filter:images
リツイート数検索(指定リツイート数以上のツイートを検索) min_retweets: 指定する数
@検索(特定ユーザーに関連するツイートを検索) @ユーザー名(ID)
from検索(特定ユーザーのツイートのみ検索) from:ユーザー名(ID)
to検索(特定ユーザーに向けたリプライやメンションを検索) to:ユーザー名(ID)
since検索(指定した日以降のツイートに絞り検索) since:年-月-日
リプライ数検索(指定リプライ数以上のツイートを検索) min_replies: 指定する数
follows検索(フォロワーが投稿したツイートを検索) filter:follows
  • 特定ユーザーのツイートだけを期限を指定して検索
  • 「2021年9月1日」から「2022年9月1日」の間で、いいねが100以上ついたツイートを検索する
  • 特定アカウントのキャンペーンツイートに対するリプライを検索する
  • フォロワーの商品に対するツイートを検索する
  • 画像を使ったキャンペーンへの反応を確認する

Twitterの検索コマンドを自由に組み合わせることができると、欲しい情報を素早く検索できます。とはいえ、始めはコマンドの入力にとまどうこともあるでしょう。メモアプリなどに残しておき、いつでも確認、コピペができるようにしておくと便利に使用できます。また、「検索コマンドの組み合わせ」と「組み合わせによりできること」などもメモに残しておくと、知見が溜まり検索のスピード、精度において効果的です。

ここで紹介した検索コマンドだけでもかなり検索の精度を高められますが、これ以外にも検索が捗るコマンドはたくさんあります。次項からは、検索コマンドを用途別で分類し解説します。

特定ユーザーに関するツイートを検索する3つのコマンド

ユーザーを特定し検索を行いたい場合は、以下の検索コマンドを使用します。

  • 特定ユーザーに関連するツイート「@ユーザー名(ID)」
  • 特定ユーザーのツイートのみ検索「from:ユーザー名(ID)」
  • 特定ユーザーへのリプライ・メンションを検索「to:ユーザー名(ID)」

特定ユーザーのツイートを網羅的に調べたい場合や、条件を付けてピンポイントで知りたいときに活用する検索コマンドのカテゴリーです。

特定ユーザーに関連するツイート「@ユーザー名(ID)」

特定のユーザーに関連するツイートを検索したい場合は、「@ユーザー名(ID)」を使用します。特定のユーザーに関連するツイートとは、そのユーザーが発信したツイートと、ツイートに対するリプライやメンションを指します。検索したいユーザーが明確になっている場合に使用する検索コマンドです。

ユーザーの発信と合わせてフォロワーの反応などを知りたい場合に活用できます。競合アカウントの調査にも利用できる検索コマンドです。

特定ユーザーのツイートのみ検索「from:ユーザー名(ID)」

「@ユーザー名(ID)」では、特定のユーザーのツイートだけでなく、それに対してのリプライやメンションも検索結果に表示されましたが、「from:ユーザー名(ID)」の場合、特定のユーザーのツイートに限定して検索できます。また、自身のIDを入力し、過去のツイートを遡る際にも使用可能です。ツイートを分析したいアカウントに使用すれば、効率よくツイート内容を確認できます。

特定ユーザーへのリプライ・メンションを検索「to:ユーザー名(ID)」

特定のユーザーに向けたリプライやメンションを検索できるコマンドです。使用することで、特定のユーザーが誰と交流しているかなどを把握できます。また、自身のIDを入力することで、リプライに対する返信漏れの防止や、自身に興味を持っているユーザーの把握に役立ちます。

期間を指定してツイートを検索する2つのコマンド

期間を指定してツイートを検索するコマンドは以下の2つです。

  • 指定した日以降のツイートを検索「since:年-月-日」
  • 指定した日までのツイートを検索「untill:年-月-日」

期間を指定することでキャンペーンやセールの反応を確認したり、マーケティング施策を実行した際の反応を見たりなど、さまざまなことに活用できます。

指定した日以降のツイートを検索「since:年-月-日」

指定した日付以降のツイートに限定し検索したい場合は、「since:年-月-日」を使用します。例えば、「since:2022-10-01」と検索することで、2022年10月1日以降のツイートに限定し検索できます。「since:年-月-日」は最近のツイートに絞って検索したいときに便利なコマンドです。

過去のツイートが必要ないときに使用すると、直近のツイートを効率よく検索できるため使用頻度の多い検索コマンドといえます。

指定した日までのツイートを検索「untill:年-月-日」

指定した日付以降のツイートに限定し検索したい場合は、「since:年-月-日」を使用します。例えば、「since:2022-10-01」と検索することで、2022年10月1日以降のツイートに限定し検指定した日付以前のツイートに限定し検索したい場合は、「until:年-月-日」を使用します。

例えば、「until:2022-10-01」と検索することで、2022年10月1日以前のツイートに限定し検索可能です。

また、「since:2022-01-01 until:2022-10-01」のような形でsinceとuntilを組み合わせることで、さらに期間を限定し検索できます。自社、他社におけるマーケティング施策の口コミを探したいときや、過去にトレンドが発生したときのユーザー反応を確認したいときに活用できる検索コマンドです。索できます。「since:年-月-日」は最近のツイートに絞って検索したいときに便利なコマンドです。

過去のツイートが必要ないときに使用すると、直近のツイートを効率よく検索できるため使用頻度の多い検索コマンドといえます。

Image of an office with a desk with plants, PC and stationery.

特定ワードに関係するツイートを検索する4つのコマンド

特定のキーワードに関連するツイートを検索するコマンドは以下の4つです。

  • いずれかのワードを含むツイート検索「OR検索」
  • 複数ワードを含むツイート検索「and検索」
  • 特定ワードを除外して検索「-"◯◯"」
  • 完全一致検索「"〇〇"」

特定のキーワードに関して調べたいときに、関連するキーワードにおけるヒットする範囲を調整できる便利な検索コマンドです。ユーザーや期間を指定するコマンドと組み合わせることで、より精度の高い検索ができます。

いずれかのワードを含むツイート検索「OR検索」

どちらか一方のキーワードが含まれるツイートを検索する場合は、「OR検索」を使用します。例えば、「ブログ or blog」と検索することで、日本語でのツイートと英語でのツイートを一括で検索可能です。また、「CV or コンバージョン」と検索することで、略したツイートと略さなかったツイートを一括で検索できます。

複数ワードを含むツイート検索「and検索」

GoogleやYahoo!で検索するようにキーワードの間にスペースを入れることで複数ワードを含むツイートを検索できます。「Twitter 運用」のように検索することで、Twitterに関するツイートの中で、何を知りたいかより具体的に検索できるようになるコマンドです。

企業においては、「商品名 〇〇」で商品に関する口コミや評判を検索できます。ネガティブな口コミに迅速な対応を取ったり、ポジティブな口コミに反応したりすることでリスクヘッジや顧客ロイヤルティの向上が見込めるでしょう。

特定ワードを除外して検索「-"◯◯"」

検索するキーワードの中で除外したいキーワードがある場合は「-"◯◯"」を使用します。例えば、「SNS-"Twitter"」と検索することで、SNSに関するツイートのうち、Twitterを除外したものを表示できます。知りたくない情報がある場合に使用することで無駄なく検索できるコマンドです。

完全一致検索「"〇〇"」

Twitterでは検索窓にキーワードを入力した場合、似たようなキーワードを含むツイートまで表示されてしまいます。完全一致検索を使用することで、完全にキーワードが一致したツイートのみを検索可能です。Twitterには自動修正機能があり、誤った綴りは自動的に修正されてしまいます。誤った綴りのまま検索したい方は完全一致検索を使用してみてください。

また、検索したい商品・サービスと似た名称の情報が多くヒットする場合や、目的が明確な場合に活用すると効率よく検索可能です。

人気ツイートを検索する3つのコマンド

検索を使用し、トレンドを把握する際には以下のコマンドを使用します。

  • リツイート数を指定して検索「min_retweets:」
  • お気に入り数を指定して検索「min_faves:」
  • リプライ数を指定して検索「min_replies:」

自社で人気のツイートを分析したり、競合アカウントでバズったツイートを検索するときにも活用できます。

リツイート数を指定して検索「min_retweets:」

リツイートの多いツイートを知りたい場合は「min_retweets:」を使用します。例えば、「min_retweets:10000」と検索することで、リツイート数が10,000以上のツイートに限定し検索可能です。また、先頭に自分のIDを入力することでリツイート数の多いツイートは何か確認できます。フォロワーやユーザーに広めたくなるようなツイートを分析する際に便利です。

いいね数を指定して検索「min_faves:」

「いいね」数の多いツイートを知りたい場合は、「min_faves:」を使用します。例えば、「min_faves:100」と検索することで、いいね数が100以上のツイートに限定し検索可能です。また、先頭に自分のIDを入力することでいいね数の多いツイートは何か確認できます。フォロワーから共感を得られるツイートの傾向を分析する際に活用できます。

リプライ数を指定して検索「min_replies:」

リプライ数の多いツイートを知りたい場合は、「min_replies:」を使用します。例えば、「min_replies:100」と検索することで、リプライ数が100以上のツイートに限定し検索可能です。また、先頭に自分のIDを入力することでリプライ数の多いツイートは何か確認できます。特定のユーザー名を入力して、リプライ数の多いツイートを分析するなどの使い方もできる検索コマンドです。フォロワーへの問いかけ方や思わず意見をいいたくなるツイートの内容を分析できます。

画像・動画・リンクを含むツイートを検索する4つのコマンド

動画や画像、リンクなどを含むツイートに限定して検索したい場合は、以下のコマンドを使用します。

  • 画像か動画が含まれたツイートを検索「filter:media」
  • 画像を含むツイートを検索「filter:images」
  • 動画を含むツイートを検索「filter:videos」
  • リンクを含むツイートを検索「filter:links」

企業においては画像や動画を使ったプロモーションの反応を確認したり、リンク付きのツイートで人気のものを探したりできます。

画像か動画が含まれたツイートを検索「filter:media」

画像、動画を問わず、メディアが含まれるツイートに限定し検索する場合は、「filter:media」を使用します。キーワードと組み合わせて使用することで、キーワードに関する画像や動画を検索できます。幅広く情報を取得したいときに役立つ検索コマンドです。

自社アカウントや、競合アカウントにおける画像や動画付きツイートを検索したい場合にも効率アップを図れます。

画像を含むツイートを検索「filter:images」

画像を含むツイートに限定する場合は、「filter:images」を検索窓に入力します。

さらに、特定のユーザー名を入力し検索することで、特定のユーザーの画像ありツイートだけに絞って確認できます。また、2022年10月以降の画像付きツイートを検索したい場合は、「ユーザー名(ID) filter:images since:2022-10-1」と入力するなど、他のコマンドと組み合わせてみてください。また、いいねやリプライ数の指定も組み合わせると、人気の画像つきツイートの分析にも役立ちます。

動画を含むツイートを検索「filter:videos」

動画を含むツイートに限定する場合は、「filter:videos」を検索窓に入力します。さらに、特定のユーザー名を入力し検索することで、特定のユーザーの動画ありツイートだけに絞って確認できます。動画は若年層にリーチしやすいことや伝えられる情報量が多いコンテンツです。検索コマンドを使い他社の動画を効率的に分析してみてください。

リンクを含むツイートを検索「filter:links」

リンクを含むツイートに限定して検索する場合は、「filter:links」を使用します。いいね数やリツイート数の検索コマンドと組み合わせることで人気のツイートだけでなく人気のWebページの把握もできるなど、組み合わせ次第で汎用性の高い検索コマンドです。

以上のように、画像・動画・リンクなど企業におけるSNSマーケティングに有効な要素を効率的に検索・分析できます。ぜひ情報収集の際に使ってみてください。

その他検索に便利なコマンド

上記したもの以外にも便利な検索コマンドはたくさんあります。代表的な検索コマンドを紹介します。

1|ハッシュタグ検索「#〇〇」

ハッシュタグ検索は入力したハッシュタグを含むツイートに限定して検索します。ハッシュタグで検索することで、興味関心が近いツイートを発見しやすいため、共通点のあるユーザーを探したい際に便利な検索コマンドです。

2|ポジティブなツイートの検索「:)」

キーワードの後に、「:)」を入力することでポジティブなツイートに限定し検索できます。

「:)」は英語圏で使用されている顔文字の1つで、笑顔を意味します。ネガティブな情報を見たくないときや、英語圏のポジティブなツイートを検索したいときに使用する検索コマンドです。

3|ネガティブなツイートの検索「:(」

キーワードの後に、「:(」を入力することでネガティブなツイートに限定し検索できます。

「:(」は英語圏で使用されている顔文字の1つで、悲しい顔を意味します。言語解析などで感情を推定するものではありませんが、自社の商品・サービスに関する反応を調べる際に活用できる検索コマンドです。

4|フォローしているアカウントのツイートを検索「filter:follows」

フォローしているアカウントに限定し検索したい場合は検索窓に、「filter:follows」を入力しましょう。リプライする相手を探す際に使用することで、効率的に発見できます。例えば、「おはよう filter:follows」と検索することで、挨拶を返す対象を見つけられます。

ブラウザからなら「高度な検索」が便利

ブラウザ版のTwitterには、アプリ版では使用できない「高度な検索」という機能があります。「次のキーワードを含む」や「次のハッシュタグを含む」など複数項目が用意されており、必要な項目に入力することで詳細な検索が可能です。コマンド検索と似た機能ではあるものの、あらかじめ項目が用意されており手軽に検索できるといった特徴があります。

アプリ版で使用できない点が残念ではあるものの、使用感に優れている便利機能です。頻繁に詳細な検索を行う場合は、ブラウザ版を使用することで効率よく検索できます。

企業アカウントの分析なら専用ツールの導入が効率的

検索コマンドや高度な検索を使用することで詳細な検索は行えるものの、フォロワーの多い企業アカウントでは効率的な運用ができません。企業の場合、膨大な検索データを蓄積・管理・分析する必要があります。また実際にデータを活用する際は分析結果をもとにTwitter運用し、PDCAを回さなければなりません。これらのタスクを全て手動で行うには時間も手間もかかります。

企業アカウントの分析を行う場合、分析ツールを導入することで効率よくTwitterを運用できます。複数アカウントを運用している場合は一括管理できるためさらに効率的です。分析ツールはフォロワーとのコミュニケーションにも有効であることから、顧客ロイヤルティの向上にも役立ちます。

MeltwaterはTwitterを含むSNS、ソーシャルメディアの一元管理、分析を可能とするツールを提供しています。必要な機能をカスタマイズでき、自社にとって最適なツールに仕上げることが可能です。また、Twitter全量データのモニタリングや多彩なデータの収集、分析や、競合アカウントの分析にも対応しており、Meltwaterのツール1つであらゆる分析課題を解決できます。

Meltwaterについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Twitterの検索は管理ツール・検索コマンドを活用しよう

Twitterにおいて効率的な検索をしたい場合は、検索コマンドの使用が効果的です。複数の検索コマンドを組み合わせることで詳細な検索を実施できます。

また、フォロワーやアカウント数が多く管理・分析に課題を感じている場合は分析ツールの導入がおすすめです。Twitterにおけるアカウント管理やデータの収集・管理・分析・活用の効率化や精度向上に取り組みたい担当者の方は、Meltwaterにご相談ください。

Meltwaterの詳しい情報はこちら

Loading...