Twitterプロモーション(プロモツイート)とは?メリット・費用・出稿手順を解説

Twitterのアイコンと雲が表示されているスマートフォンを持つ手の画像
Twitterのアイコンと雲が表示されているスマートフォンを持つ手の画像

マーケティング手法としてTwitterプロモーション(プロモツイート・プロモ広告)の導入を検討する企業が増えています。一方、他のWEBプロモーションとの違い、メリット・デメリットは何か悩む担当者様も多くいるでしょう。

そこで、プロモ広告の基礎知識から、運用する上での注意点、始め方を紹介します。これからTwitterでのプロモーションを検討したい、早速はじめたいがやり方がよく分からないという方向けに解説します。

目次

Twitterプロモーション(プロモツイート・プロモ広告)とは?

プロモ広告とは、Twitterに掲載するツイート形式の有料広告です。通常のツイートと同様、テキスト・画像・動画・リンクが使えます。

現在はプロモ広告という名称ですが、以前は「プロモツイート」という名称でした。実は、2021年4月14日のリブランディングを背景に名称が変更されています。

プロモ広告の表示場所は、タイムライン、プロフィール画面、広告と関連性の高いキーワードで検索したユーザーの検索画面などに表示されます。多様な表示方法があるプロモ広告ですが、ユーザーは興味のない広告を非表示にすることも可能です。

また、一般的なツイートと同様にユーザーはプロモ広告に対しリプライ・リツイートができますが、「プロモーション」のラベルで区別できる仕組みとなっています。

なお他にも、プロモアカウントやプロモトレンド・ファーストビューなどがありますが、プロモ広告が最も汎用性が高く活用しやすい広告といえるでしょう。

Smartphone with the screen of Twitter

プロモ広告の特徴

プロモ広告は他のTwitter広告と比べ、どのような特徴があるのでしょうか。

1点目は、広告が自然な形でユーザーに届きやすいという特徴です。プロモ広告は通常のツイートと同様、タイムラインや検索画面に掲載されるため、ユーザーから嫌われにくいといわれています。

2点目は、テキスト、画像、動画、リンクなどを添付できる点です。テキストと画像や動画を組み合わせることで、一般ツイート風の広告が作れます。さらに、画像や動画をクリックするとサイト遷移やアプリダウンロードができる機能もあるため、自社にあった訴求が可能です。

Twitterプロモーション(プロモ広告)3つのメリット

Twitterプロモーション(プロモ広告)のメリットは何か、運用のしやすさやコストといった視点から解説します。

拡散力が高くコストパフォーマンスが良い

1つ目のメリットは、ユーザーによって拡散されたプロモ広告には費用がかからないため、コストパフォーマンスが良い点です。

ユーザーはプロモ広告に対し、いいねやリツイートなどのリアクションがとれます。すると、反応したユーザーのフォロワーにも、プロモ広告が表示されます。そして、このように拡散されたプロモ広告には費用が発生しません。

つまり、拡散させられれば、費用をかけず多くの人の目に広告を表示できるのです。

効果測定が容易でPDCAサイクルを回しやすい

2つ目のメリットは、プロモ広告はABテストをしやすく、検証・改善がしやすい点です。

プロモ広告は前述したとおり、テキスト・画像・動画・リンクなどの要素を自由に組み合わせて配信できます。ですから、1回目の検証ではテキストのみを変更したり、2回目の検証では画像のみを変更したりと、広告クリエイティブの検証と改善をしやすい特徴があります。

つまり、PDCAサイクルを効率よく回し、より効果の高い広告を配信できるのです。

細かいターゲティングができる

3つ目のメリットは、自社のターゲットとなるユーザーにのみ広告を表示でき、効果を最大化できる点です。

例えば、位置情報や時間帯、年齢、フォローしているアカウント属性からターゲティングすることが可能です。また、特定のリンクをクリックした等の行動履歴でもターゲットを指定できます。

ですから、広告内容に興味がない層にしつこく広告を表示し、ヘイトを集めてしまう危険性を極力減らすことができます。

Twitterプロモーション(プロモ広告)における注意点

プロモ広告の運用方法によっては、逆効果になるケースもあります。そこで、運用時に注意すべき点を紹介します。

炎上の恐れがある

プロモ広告は、リプライや引用リツイートにより、ネガティブな口コミを拡散されてしまう恐れがあります。

なぜなら、リプライや引用リツイートは、ユーザーがアカウントを非公開にしていない限り、誰でも見れてしまうからです。ですから、広告配信に不安要素がある場合は、リプライの制限機能を使い、返信できないようにすることも検討しましょう。

なお、適切なターゲティングはヘイトを集めにくくし、炎上を回避することにも役立ちます。

引用リツイートされると削除できない

プロモ広告が引用リツイートされた場合、元の広告は削除できなくなります。

通常は、元のツイートを削除するとタイムラインから消えますが、プロモ広告の場合は消えません。また、返信は制限できるものの、引用リツイートやリツイートは制限できず、そのうえ削除もできないため、プロモ広告の運用には十分に注意する必要があります。

ですから、トラブル回避のためにも、プロモ広告を投稿する前に十分に文面や画像、動画のチェックをしてください。

Twitterプロモーションの料金相場・課金方式を解説

プロモ広告には6つの課金方式があり、どのような効果を得たいかによって課金方式が変わります。

課金方式解説費用相場
クリック課金リンク1クリックごとの課金。自社サイトへの誘導などに有効。24円~200円/1クリック
インプレッション課金広告が1,000回表示されるごとに課金。リーチ数の最大化に有効。400円~650円/1,000インプレッション
エンゲージメント課金いいねやリツイートなどの反応ごとに課金。ユーザーとのエンゲージメント向上に有効。40~100円/1エンゲージメント
フォロー課金フォロワー1人増加ごとに課金。フォロワーの獲得に有効。40~100円/1フォロー
アプリインストール課金アプリがインストールされるごとに課金。ダウンロード数、購入数促進に有効。100~250円/1インストール
再生数課金動画1回再生ごとに課金。商品・サービスの理解度向上に有効5~20円/1再生

Twitterプロモーション(プロモ広告)のやり方・手順を解説

プロモ広告をはじめるまでの手順を画像付きで紹介します。一般登録とは異なりますので事前に確認しましょう。

Twitterアカウント開設・ログイン

アカウントを持っていない場合、プロモ広告を配信するTwitterアカウントを開設します。

「電話番号またはメールアドレスで登録」をクリックし、「氏名」、「メールアドレス」または「電話番号」、「生年月日」などの必要事項を記入して開設します。

なお、広告出稿にはアカウント作成後2〜3週間の稼働が必要条件となっています。また、非公開設定、削除済み、凍結されたアカウントでの使用は不可となりますので、注意が必要です。

広告アカウントの目的を設定

Twitter広告のページ(https://ads.twitter.com/ )にアクセスします。

Twitter ad screen for purpose setting

ポップアップで「シンプル」「アドバンス」という選択肢が出ますが、今回は「アドバンス」で設定してみましょう。

広告出稿の目的を8つ(リーチ・動画の再生数・プレロール再生数・アプリのインストール数・ウェブサイトの訪問者数・エンゲージメント数・フォロワー数・アプリのエンゲージメント数)の中から選択します。なお、選択後の変更も可能です。

具体的なキャンペーン内容を決定

続いて、配信方法や予算、ターゲットなど広告出稿に必要なキャンペーン内容を具体的に決めていきます。

予算とスケジュール

予算と広告配信のスケジュールを設定します。予算の設定は、左メニューの「広告グループの詳細」をクリックすると設定できます。

Twitter ad screen for setting a budget and schedule

プロモ広告の予算は、1日の上限予算を設定する「日別予算」、広告キャンペーン全体の予算を設定する「総予算」の2種類です。なお、日別予算は必ず設定しなければなりませんが、総予算の設定は必須項目ではありません。

また、開始日および終了日が決まっている場合は設定します。

配信の目標・入札戦略

予算を効果的に消化していくため、配信方法の設定をします。

Twitter ad screen for setting a price
  • 目標: 広告の配信方針を設定します。表示回数の最大化など広告配信で達成したい目的を選びましょう。
  • 入札戦略:広告の入札方法を設定します。広告表示を早く最適化させたい場合、自動入札がおすすめです。
  • フリークエンシー上限: 1ユーザーあたりの広告表示回数を設定します。同じユーザーに広告を表示する回数を制限できます。
  • ページング: 日別予算の使い方を選択します。「標準配信」は、日別予算を均等に使い、「集中配信」は予算をできるだけ早く使いきります。

オーディエンスの特性・端末

オーディエンスの特性では、どのようなユーザーにリーチしたいか、ターゲットを設定します。

Twitter ad screen for setting audiences

設定できる特性は以下の通りです。

  • 性別(すべて、女性、男性)
  • 年齢(すべて、年齢範囲、日本限定の年齢範囲)
  • 場所(国、地域)
  • 言語
  • 端末(iOS・Android、端末モデル、携帯電話会社)

端末の設定について、サービスや商品が機種などに依存する場合や、携帯電話会社がターゲティングをする場合などに設定します。

カスタムオーディエンス

オーディエンスでは、カスタムオーディエンスの設定が可能です。

Twitter ad screen for setting a custom audience

カスタムオーディエンスとは、選択した条件に類似したユーザーへ広告配信する機能です。

  • リスト: メールアドレスやアカウント名などのリストに類似したアカウントをターゲティングできます。
  • ウェブサイトアクティビティ: 自社のWEBサイトにアクセスしたユーザーをターゲティングできます。
  • アプリアクティビティ: 自社アプリで特定のアクションを行ったアカウントをターゲティングできます。

ターゲティング機能

ターゲティング機能では、プロモ広告をどのようなユーザーに配信するか設定できます。

Twitter ad screen for setting a target

Twitter広告のターゲティングは複数種類あり、詳細なターゲティングが可能です。

ターゲティング項目解説
キーワードユーザーが検索やツイート、エンゲージメントしたツイートに含まれる単語を設定できます。また、キーワードは検索結果への広告表示に影響します。
フォロワーが似ているアカウント特定のアカウントを指定し、そのフォロワーと興味・関心が近いユーザーにリーチします。
興味関心特定の興味・関心があるユーザーにリーチします。興味・関心はユーザーがツイート・リツイートした内容から判断されます。
興味関心特定のテレビ番組や映画を視聴したユーザーにリーチします
イベント特定のイベントにアクションを起こしているユーザーにリーチします
会話トピック特定の会話トピックについてツイートやリツイートなどのアクションを起こしたユーザーに対してリーチします

プレースメント

広告をどこに表示させるか選択できます。配信先が多いほど、リーチが拡大する可能性が高くなる傾向にあります。なお、ホームタイムラインは固定でONになっており、変更できません。

Twitter ad screen for setting a placement
表示場所解説
ホームタイムラインターゲティングしたユーザーのタイムラインに広告を表示します
プロフィール特プロフィールにアクセスしたとき広告を表示します
検索結果検索結果に広告を表示します
返信ユーザーが返信画面にアクセスしたとき広告を表示します

クリエイティブを設定

実際に投稿していくクリエイティブを設定します。広告作成は、左メニューの広告1をクリックしてはじめてください。

Twitter ad screen for setting a image

既存ツイートをプロモ広告にする

すでにツイートしている内容をプロモ広告に設定できます。

Twitter ad screen for setting existing tweets as an advertisement

既存のツイートをプロモ広告として使う場合、広告の詳細の右側にある「既存の広告を使う」ボタンをクリックします。すると今までのツイートがポップアップされますので、チェックボックスをクリックして完了です。

なお、検索窓からツイートを検索することもできます。

新規のプロモ広告を設定する

続いて、新しく広告用のツイートを作成する方法を解説します。

Twitter ad screen for setting new promotion tweets.

広告の詳細項目に広告名、ランディングページ、テキスト、画像や動画を設定し、広告のクリエイティブを作成できます。右半分のプレビューでリアルタイムにプロモ広告がどのようにタイムライン上に表示されるのか確認可能です。

また、1つの広告グループ内に複数広告作成したい場合、画面右上の「広告を作成」をクリックすることで新しい広告を追加できるようになります。

Twitterプロモーションの成功事例

Twitterプロモーションのコツは、思わずリアクションしたくなるプロモーションを企画することです。そこで、参考になる2つの事例を紹介します。

求人情報サービス「タウンワーク」は、2015年1月に「激レアバイト」キャンペーンを実施しました。有名タレントとCMで共演できるバイトなど個性的なバイトを募集した結果、CPA160%改善し、CVR10倍を達成したそうです。

フリマアプリ「メルカリ」は、「#メルカリのモノガタリ」というハッシュタグにて、名作家の「モノ」にまつわる思い出を題材にしたストーリーを配信しました。ユーザーに同企画の投稿を促すことで、高エンゲージメントを獲得し、フォロワーは9万人も増加したそうです。

Twitterプロモーションは事業成長に貢献してくれるサービス

Twitterプロモーションの1つであるプロモ広告は、有効なマーケティング手法ということが分かりました。一方で、炎上のリスクも判明しました。炎上を回避するためには、日常的にモニタリング・分析を行う必要がありますが、これらは非常に手間のかかる作業です。

そこで、当社が提供する「Meltwater」の活用をおすすめします。「Meltwater」は、Twitterの全量データのモニタリング・多彩なデータ収集・分析が得意なツールです。プロモ広告にどのような反響があったか、測定・スコアリングが可能で、改善に役立ちます。

また、競合分析もできるため、Twitterにおけるエンゲージメントを高め、広告効果の最大化や、事業成長につなげたい方はぜひご相談ください。お問合せはこちら

Loading...