【香港、2017年6月19日(リリース抄訳)】

メディアインテリジェンスソリューションのグローバルリーダーMeltwaterは、高度にローカライズしたコンテンツをアジア市場に届けるソーシャルメディアアナリティクスプラットフォームのKlarityを買収したことを発表しました。Meltwaterの特許取得ソフトウェアを用いることで、企業はWeChatやWeiboなどのオンラインおよびソーシャルメディアのデータを利用し、自社ブランドおよび競争状態をより良く把握し、対応を可能とする信頼性あるインサイトを得ることができます。MeltwaterがKlarityと力を合わせることで、アジアにおけるソーシャルメディア・インテリジェンス力を拡大し、この地域での成長を刺激するサービスを深めることができます。

今回の買収によって、アジア市場の高度にローカライズされたソーシャルインテリジェンスとデータのソースを通じて、Meltwaterの「Outside Insight」プラットフォームのさらなる成長が促進され、両社の顧客は競争における優位性を得ることができるようになります。Klarityの顧客は、Meltwaterのコアプラットフォームから提供される豊富な追加データにアクセスできるようになり、Meltwaterのプロフェッショナルチームによるローカライズされたサービスも受けることができるようになります。

Meltwaterは2001 年にCEOのヨーン・リッセゲンによって創業されましたが、彼はたった一人で1万5,000ドルを元手にこの企業を興し、現在ではフォーチュン500企業の半数以上がクライアントになっています。従業員数は1,500人を超え、事業所は香港、北京、上海、シンガポールなど、六大陸に60か所以上あります。

「Meltwaterが香港市場に参入して11年以上になります。当社は過去24か月にわたってアジアでのサービス提供機会を模索して参りました。私達は、Klarityがアジア最強のソーシャルメディア・アナリティクス企業であると考えています。その技術の高度さ、ローカライズされたコンテンツ、起業家精神にあふれたチームは、最新のプロダクトを構築できる能力を実証しており、そこに感銘を受けています」と創業者でありCEOのヨーン・リセゲンは言います。「当社にKlarityのチームを迎え入れることができ、またアジア市場で今後もより深い展開ができることにわくわくしています。」

「中華圏は、当社がこれまで急速に成長を遂げ、大きな可能性を見出している地域です。当社は、現地で顧客ニーズに対応しつつ、グローバルでは最高クラスのサービスを顧客に提供することに全力を尽くしております。Klarityと提携することで、WeChatやWeiboなどの主なプラットフォームへのアクセスが可能となり、一歩前進することができます」と、Meltwater、APAC取締役のジョン・ボックスは述べています。

2013にローンチされたKlarityは、マーケター、リサーチャー、アナリストに対して、パフォーマンスを評価し、マーケットトレンドを認識し、社会的行動の深遠なインサイトを得るためのソーシャルモニタリングおよびリスニングアナリティクスへのアクセスを提供します。その技術は、複数のソーシャルソースおよびオンラインソース、特に中国に特有のプラットフォームでデータを見つけることを可能とし、高精度のデータを信頼できるソーシャルインテリジェンスへと転化させます。

「当社は、ビジネス戦略と成功を新たに定義するソーシャルインテリジェンスを理解しており、それがMeltwaterのOutside Insightの方針と完全に一致しています」とKlarityのCEO兼共同創業者のクリストファー・ウォンは説明しています。「両社は既に一定期間一緒に組んで仕事をしており、それがわれわれにとって素晴らしい経験となり、顧客に対して付加価値をもたらしています。Meltwaterの一員となることは、ローカライズされたコンテンツと革新的なメディアインテリジェンス・テクノロジーにより、最も信頼でき対応が可能なインサイトを顧客に提供する当社の力を実に強固なものとします」

Klarityの買収に続き、Meltwaterは今年早々、オックスフォード大学の人工知能スピンアウト Wrapidityを買収しました。Meltwaterでは、メディアインテリジェンス・サービスをグローバルで拡大していくために、投資機会とパートナーシップを積極的に探っています。

*本リリースは日本時間2017年6月22日に配信されました。