データアナリティクス製品やマシーンラーニングエンジンの強化に向けて
MeltwaterがCosmifyを買収


マシンラーニング及びデータサイエンスの熟練者が、

Meltwater
のインハウス・マシンラーニングチームに加入

【カリフォルニア州サンフランシスコ、2017年8月15日(米国本社リリース抄訳)】

メディアインテリジェンス及び、データアナリティクスのグローバルリーダーであるMeltwaterは、企業データを詳細に分析する高度なマシンラーニング技術を利用した知識発見プラットフォームを提供しているCosmifyの買収を発表しました。Cosmifyの提供する技術とは、外部からのインサイトを基準として、競争力を強化する必要のあるビジネスを判断し、膨大な量のデータと様々なソースからピックアップし、業界をリードするMeltwaterのプラットフォーム上で賢く管理ができるようになります。

9ヶ月未満で5度目となる買収を経て、Meltwaterは迅速に優れたデータサイエンスエンジンを開発し、世界で最も革新的でダイナミックなメディアインテリジェンスプラットフォームの提供をすることを目指しています。6大陸に55か所のオフィスを構えるMeltwaterは、1,500人を超える社員を雇用し、フォーチュン500にランキングされた企業の50%が弊社のサービスを利用して経営判断の決定を行っています。

「最善の経営意思決定は、フォーワードルッキング(将来性に関する)データを基準に行います。現代社会では、フォーワードルッキング情報の最も重要な情報ソースの一つが、インターネットで自由に公開されている外部データとなっています。」とMeltwaterの創業者でありCEOのヨーン・リセゲンは言います。「Cosmifyの高度な検知能力、クラスタリング能力や分類能力が、内部データから外部データまでの幅広いデータタイプを繋ぎ合わせて全体の情報を把握させることのできる、Meltwaterの力量を向上させ、更に、十分な情報を得た上でビジネスリーダーが、より最善で適切な判断を下せるよう支援致します。」

Cosmifyの創設者ユージン・シウラナと会長のバート・スワンソンらが、当時16歳のオックスフォードの学生そしてCosmifyの創設者でもあるニック・ダロイシオと初めて立ち上げたマシンラーニング企業がSummly、そして2013年にはYahooに3000万ドルで売却しました。2014年には、共同創設者のアナ・ネルソン博士、コナー・グッドウルフとスリラム・クリシュナンがチームとなってCosmifyを立ち上げました。Horizons Ventures創設者のバート・スワンソン、MuleSoft創設者のロス・メイソン、そしてCA TechnologiesのエンジニアVP(バイスプレジデント)であるレオニッド・イゴルニックが諮問委員会の一員となっています。

さて、この4年間で2つの企業を売却後、AI主導の世界最大級のデータ貯蔵の開発をゴールとして掲げるMeltwaterに、上記のチームがメンバーとして加わりました。また、AIを活用した世界最大級のデータ貯蔵庫を開発することで、企業が外部データから得たインサイトを活用できるようになるため、経営判断を下す際にそれぞれの企業を競争上優位な立場に立たせることができるのです。

「全データの95%は扱いにくいとされている非構造化データとなっていますが、非構造化データとは有益情報の巨大な宝庫でもあるのです。」とCosmifyの創業者でありCEOのユージン・シウラナは言います。「教師なし学習システムが、PDF、無料テキスト、スプレッドシート、メディアファイル、プレゼンテーション、クラウドドライブ、カレンダーやチャットシステムなどの非構造化データソースを利用して、内部と外部から知識を摘出します。以前までは、非構造データを作成したユーザー本人たちが、データを上手く扱うことができず頭を抱えていたわけですが、弊社の教師なし学習システムを利用することで、それらの情報を価値ある情報へと変えていくことが可能なのです。」

「Cosmifyの知識発見エンジンは、超大容量でダイナミックな顧客のデータレイクを分析して、ベクトル化された情報を作成します。そして、その情報を既存のデータサイエンスプラットフォームに入れ込むと、高度にカスタマイズされた外部からのインサイトを自動で生成します。更に、各企業の内部データを弊社のシステムにインポートしなくとも、この作業を行う事が可能なのです」とMeltwaterのエンジニアリング部門のシニアディレクター兼AI本部長のアディタ・ジャミは言います。

複数の企業を立て続けに買収した直後にCosmifyを買収した事で、Meltwaterは海外拠点を拡大し、更にデータサイエンスとマシンラーニングに対するMeltwaterの取り組みを確固たるものにすることができました。Meltwaterは先日、カナダのInfomartの買収計画を発表し、それに引き続き、香港を拠点に置くソーシャルビッグデータSaasソリューションKlarityの買収計画を発表しました。今年の初めにオックスフォード大学のスピンアウトWrapidityを買収し、AIベースのクローリングがMeltwaterのプラットフォームに追加され、更に昨年は、アメリカに拠点を置くデータサイエンスを運用したメディアモニタリング企業をEncore AlertsをMeltwaterが買収しました。

Meltwaterは積極的に投資機会を追求すると共に、データサイエンスに重点を置くメディアインテリジェンスサービスを全世界に拡大を続けるためのパートナーシップを求めています。

###