メディア・インテリジェンスの世界的リーダーであるMeltwaterは、今日市場で利用可能である最も高度なマシンラーニング技術を搭載したリアルタイムデータ分析プラットフォームを使用するAlgoの買収を発表しました。 Algoが特許を取得しているVelocity of Informationエンジンは、数千万のリアルタイムデータポイントから、今後流行りそうな話題が一目でわかるように開発されています。このエンジンを導入することにより、Meltwaterの高性能なメディア分析能力とインサイトプラットフォームが強化されます。更に、受賞暦のあるAlgoチームのインハウスの情報処理技術者達に、新製品の開発の監督を務めてもらうことも可能となりました。

Algoはマット・ミケルセン、アーロン・ラマとエボン・オニュージックによって2015年に設立されました。マシンラーニングと自然言語処理を活用し、現時点では世界を代表する大手テクノロジー企業のみが支援を行えるインフラを持っているとされている、オンラインセマンティックデータを民主化する活動を行っています。Algoの情報ベロシティのアルゴリズムは、複数の特許の基盤となっています。リアルタイムで1日に10億のデータポイントを処理し、どの情報が世界中で最も速く拡散しているのか判断します。Algoのアプリは絶大な支持を集めてており、アプリのダウンロード数は300万を超えています。

「日々、データの海に溺れる現代人。Meltwaterの目標とは情報による混乱を削減し、何十億というデータポイントから重要なインサイトを抽出することを可能にするスマートなテクノロジーへのアクセス権をクライアントに提供することです。 」とMeltwaterの創業者でありCEOのヨーン・リッセゲンは言います。「競合他社の投資方法、 雇用方法、広告予算の使い方、製品が市場で受け入れられる方法などのリアルタイム情報を含む大量の外部データを、たくさんの企業が見落としているのが現状です。これらの情報を掘り起こす意味を理解する人は、強力な情報を手にすることで競合他社より優位な立場に立つことができるでしょう。」
Algoの投資家と共同設立者であるマット・マイケルセンは次のように述べています。「AlgoのインフラとMeltwaterの技術を融合することで、メディアインテリジェンスの世界的リーダーとなれることに非常に胸が高鳴っています。先例にないレベルの分析を顧客に提供することを約束した国際機関の成長を支援する機会を貰えることにワクワクしています。」

データサイエンスの分野で最も優秀な人材が集まり構成されたのがAlgoのチームです。アドバイザーのエリック・ニーベルグは、IBMワトソンの開発を指揮しました 。自然言語処理の博士号を取得し、なおかつ自然言語処理のパイオニアでもあるニーベルグは、自動テキスト翻訳、情報検索や自動質問応答などの開発に貢献し、業界にとて非常に重要な役割を果たしています。現在、ニーベルクはカーネギーメロン大学の言語技術研究所を率いてます。ロック・ソーシク博士もまた、グリッドコンピューティングの基盤と考えられる初代のLinux Grid Clusterを作成して、Algoの発展に貢献しています。ソーシクは30本もの学術論文を発表し、複数の特許を保有し、TurboLinuxによって買収されたActive Toolsを設立しました。Uber、Palantirなどその他複数の企業に投資をする投資家のマット・マイケルセンは、2015年の初めにラマとオニュージックと共にAlgoを共同設立しました。ラマはモバイルアプリとバックエンドの構成を管理するフルスタックの開発を担当し、オニュージックは成長と戦略的パートナーシップの取り組みを先導しています。

Algoの買収について、Meltwaterのエンジニア部門シニア・ディレクター及びAI部門チームを率いるアディチヤ・ジャミは以下のように述べています。「Meltwaterのプラットフォームは何十億ともある情報をリアルタイムで収集、分析します。Algoのテクノロジーを導入することで収集されたデータ内容の変則、お客様が関心を持っているトレンドなども即時に割り出すことができます。」

AIを導入している企業を立て続けに買収した直後にAlgoを買収した事で、業界をリードするデータサイエンスやマシンラーニング技術の開発に対するMeltwaterの取り組みを確固たるものとすることができました。香港に本拠を置くソーシャルビッグデータSaaSソリューションKlarityも買収し、今年の初めには、MeltwaterのプラットフォームにAIメディアモニタリング機能を追加するため、オックスフォード大学のスピンアウトWrapidityを買収しました。この買収に続き、大規模なデータセットの分析を強化するためにCosmifyを買収しました。昨年もアメリカに拠点を置くマシンラーニング企業Encore Alertsを買収しました。

現在では6大陸に55ヶ所のオフィスを構え1,500人以上の従業員を雇用し、フォーチュン500企業にランキングされた企業の50%に弊社のサービスを提供しています。Meltwaterは、メディアインテリジェンスサービスのグローバル展開を継続するため、積極的に投資機会を探り、パートナーシップを求めています。