大きな視野でB2B PRを考えるための8つの革新的な方法

大きな視野でB2B PRを考えるための8つの革新的な方法

Meltwater
27 September 2017

PRのサイズに関わらず、大きく物事を考えることはB2B PRを成功させるのに極めて重要です。そして大きく考えることこそが、ソートリーダーシップで成果をあげ、ブランド認知度を上げる方法なのです。

自分にとって快適な領域に留まるため、時折プレスリリースを発表しなくても、それを善しとする様に、物事を小さく考えることは簡単です。PRで成功を収めるということは、それとは正反対で、限界を押し広げて、新しい技術を取り入れ、誰よりも先を行くことなのです。

B2Bパブリックリレーションズを一段階レベルアップさせ、自分の会社のためにより大きく考えていく方法を学んでいきましょう。企業のコンテンツを拡大し、B2Bパブリックリレーションズの目標を達成するための8つの方法を以下に説明します。

大きなB2B PRのアイディアを創造するための8つの手法

1. 明確な最終目標から逆算していく

まずは最終的なビジョンを設定することから始めていきます。会社で何を実現したいですか?アイデアに命を吹き込ませる優れた方法とは、最終製品を作ることから始まります。ビジョンの重要な要素とは、ビジョンを達成した時に見たい完璧な見出しを書き出すことです。

例えば、チャリティー活動に関与したことを報道されたいですか?それなら、何か大きなことを始めましょう。自分がトップページを飾るような素晴らしい見出しを想像してみてください。「地元のB2B企業が飢えに苦しむ1,000人の家族たちへ食料提供をする」のような見出しもいいかもしれません。

何か良い見出しを思いつきましたか?一度アイディアが浮かんだら、そこから遡って作業していきます。小規模で、より管理しやすい目標を設定することで、大きな見出しに到達しやすくなります。最終目標が設定されていると、より多くの人々の参加を得ることができ、賛同を得やすくなるでしょう。

2. インフルエンサーにコンテンツのネタになってもらう

ニッチ業界では非常に重要な役割を担っているインフルエンサーは、コンテンツのリーチを拡大させることができます。インフルエンサーにゲストポストを丸ごと1つ書き上げてもらうことは難しいかもしれませんが、インフルエンサーから短い宣伝文やアドバイスなどを入手して、コンテンツ内で活用する方がずっと簡単です。

そのようなブログ記事の中に隠された力を想像してみてください。

セキュリティ業界をリードする専門家からの15のアドバイス

または、

「インフルエンサーの名前」がセキュリティ業界が直面する最大の問題について考える

このようなコンテンツができたら、インフルエンサーがコンテンツに関連していることをフル活用して宣伝していきます。リリース前に、ソーシャルメディア上でコンテンツに関する話をすことで、人々の期待が膨らみます。リリース後は、ソーシャルメディアを使用しているインフルエンサーをタグ付けして、インフルエンサーのフォロワーが情報を共有できるようにします。大勢の人が投稿を読むチャンスを掴めるよう、数回に渡って投稿してください。

3. 再利用可能でかつ魅力的なコンテンツを作成する

作成したコンテンツに有効期限の設定をする必要はありません。一度公開すると、コンテンツの使い道を広げるために色々なことができます。例えば、誰もが簡単にコンテンツを共有できるようにします。コンテンツの中で、いくつかの重要なスニペットにツイートのリンク作成し、それをクリックすることで閲覧者がTwitterで簡単にツイートのリンクを共有できるようになります。同業界の人たちが共有したくなる様な、影響力のあるコンテンツを含んだソーシャルメディアイメージを作成します。

4. 既に人気のあるコンテンツを見つけ改良する

競合他社がを持っているコンテンツの全てに、人気が集中しているように感じることがあると思いますが、これが自分の利益となりうる事があるのです。BuzzSumoやSEMrushのようなプログラムを使用して、同業界では今現在どのようなコンテンツに熱い注目が注がれているのかを探ります。そして、いくつかのコンテンツを取り上げて、傑出したコンテンツに仕上がる様、磨きをかけます。より現代的なデザイン、詳細なコンテンツ、更にはアドバイスなどを取り入れることで、コンテンツの価値を高めていきます。

改良されたコンテンツが出来上がったら、ただひたすら配信していきます。ソーシャルメディアと電子メールマーケティングを利用して、可能な限り多くの人目につくようにします。

そして、このコンテンツを利用して、新しく作成したコンテンツにスポットライトを当てることを忘れないでください。人気がある投稿の中に、公開したばかりのコンテンツに飛べる様、リンクを貼ります。リンクを挿入したことによって、閲覧者が最終的に新しいコンテンツに辿りつくことがここでの目標です。

5. コンテンツの大きな節に焦点を当てる

1個の大きくてクオリティが高いコンテンツは、10数個のクオリティの低いコンテンツを寄せ集めた物より、優れたパフォーマンスを発揮します。クオリティの高いコンテンツを作成するには、実際にクオリティの高いコンテンツとそのコンテンツのプロモーション作りを目的とした、堅実なコンテンツ戦略を作成する事から始める必要があります。eBookやガイドなどの詳細なコンテンツは、まとめあげるのに時間がかかるかもしれませんが、結果的には信頼性の向上に繋がり、メディアの潜在的な可能性を有する事になるのです。

  1.  コンテンツを共有してくれたビジターのために特別なコンテンツを用意する

何かをシェアする事は、子供のためだけにあるのではありません。読者が自身のソーシャルネットワークであなたのコンテンツをシェアした時こそが、まさにPRのゴールデンタイムです。ですが、どのようにしてシェアをしてもらうように読者を説得しますか?

ユーザーが自分の連絡先情報を入力する必要がある従来のゲーテッドコンテンツを利用する代わりに、ソーシャルシェアをしてもらい、その引き換えにユーザーが特別なコンテンツをダウンロードできるようにします。コンテンツのダウンロードをした事をソーシャルメディア上でシェアすると、無料のeBook(ビデオ、またはケーススタディ)を入手できる様にします。これにより、ユーザーは求めていたコンテンツを入手し、同時に企業ブランドの認知度を高めることができるのです。まさにお互いにとってWin-Winの関係であることは一目瞭然でしょう。

  1.  大きなイベントのために下調べする

イベントとは、自分がソートリーダーや業界の実力者であることを確立する為の重要な方法ですが、言うは易し、行うは難し。大規模なイベントに足を踏み入れることに抵抗を感じる事もあるので、まずは気楽に、小規模なイベントの開催から始めてみましょう。

イベントと言っても、大掛かりで奇抜なイベントにする必要はありません。より親密なもので、あまり計画化されていないイベントにしましょう。業界分析家、メディア関係者、ビジネス顧客、および著者を含め、幅広い人々をイベントに招待し、今日の業界の話題や流行について話し合いをしてもらいます。話し合う場を設けることはソートリーダーの責任であり、この様な環境がソートリーダーシップのクオリティに関するあらゆる議論を促進させるのです。

そして事が上手く運べば、更に注目を集められる、より大きなイベントの開催を企画でき流のです。

  1.  ニッチコミュニティに参加する

大規模な業界コミュニティに参加することは素晴らしいことですが、(LinkedInなどの)より小さなニッチコミュニティが持つ、コンテンツプロモーションの力を蔑ろにしてはいけません。より小さいニッチコミュニティに参加する方が、同業界の関係者たちと交流する機会ができ、価値観を提供する機会が増えます。

これらのコミュニティに参加することで、業界の専門家としての地位を確立し、ブランド認知度を高め、貴重なコンテンツを共有することができます。あなたのコンテンツが、ニッチコミュニティ内のブログやその他出版物のシンジケーションに選ばれる可能性も出てきます。要するに、小規模なコミュニティへの参加が、より大きなチャンスや、ソートリーダーシップを取るチャンスを掴む最初の一歩となるのです。

B2B PRで覚えておくべき重要なポイント

  • インフルエンサーのアドバイスや意見などを含めるなど、ちょっとした方法で、より多くのユーザーから、より多くの注目を集めましょう。
  • 競合他社の人気コンテンツを利用し、更にコンテンツに磨きをかけ、より中身の濃いコンテンツを作成してください。
  • 大きなイベントを開催するための心構えとして、親近感が湧くような小さいイベントの企画から始めてください。
  • 交流したり話を聞いてもらえる機会が多い、小さなニッチコミュニティに参加しましょう。

小さなB2Bビジネスであっても、あなたのB2B PRアイディアも小スケールであるとは限りません。上記8つのB2B PR戦略を使用して、大きな視野で物事を大きく考えていくことで、コンテンツの影響を拡大させたり、ソートリーダーシップにおいても成果を上げることができるのです。

========================================================
執筆者:NewsCred、Wendy Marx
このブログはNewsCred出版者ネットワークから転載許可を取得しています。