最近では、ほとんどの人は、「インフォグラフィック」という用語に聞き覚えがあるでしょう。ソーシャルメディア・チャンネルに、たくさんのインフォグラフィックが投入されているのを見てきたと思います。そして、インフォグラフィックに関する事を読んで学び、どれだけオーディエンスを引き込む力を持っているのかも、よくご存知だと思います。ですが、インフォグラフィックを最初から最後まで作成するには何が必要なのでしょうか?このブログ記事には、驚異的なインフォグラフィックデザインにするための重要な6つのステップの要点を説明します。

ステップ1:トピックを選択してオーディエンスの調査をする

データを見る前に、まずはトピックとそのトピックに共感を受けそうなオーディエンスについて考えてみてください。ターゲットにしたいのは誰ですか?このトピックをより一層楽しんで読んでくれるのは、どのようなオーディエンスだと思いますか?オーディエンスは、コンテンツとどのように関わりがありますか?インフォグラフィックの目的や、読者の引き込み方などを知る必要があるため、この時点でCTAを決定することもできます。

ステップ2:データを見て統合する

データから何が分かりますか?そして、データはどのようにして選択したトピックと関連していますか?トピックの目玉にしたい統計は何ですか?実証しようとしている重要なポイントは何ですか?データはインフォグラフィックの原動力となるので、早い段階でこのようなポイントを把握しておくことが大切です。

データの中で瞬時に目立つものや、トレンドも探してみてください。そのようなデータはインフォグラフィックを全体構成する際の核となることができるため、インフォグラフィックの主要な話題となる可能性のあるデータは強調表示しましょう。例えば、「ソーシャルメディアに投稿するゴールデンタイム」についてのインフォグラフィックを作成する場合は、インプレッション、インタラクション、シェアに関するデータを探します。「プロフェッショナルの80%は12:00pm〜2:00pmの間にTwitterを読む」など、読者の目が留まるような統計を1つ引用して、そこから徐々に統計を解析して、ストーリー(場所や使用しているデバイスなど)を展開していきます。

全てのデータをまとめて、一貫性のある1つのインフォグラフィックを作成することは不可能なので、人々の興味をそそるような統計とインフォグラフィックの主要なポイントなるデータを選択するために、時間を掛けてデータを隈無く調べることに確かな価値があると言えるでしょう。それらの要素と選択したトピックと組み合わせた物が、インフォグラフィックの土台となります。

ステップ3:コピーを作成する

この時点では、順調に工程が進んでいることになります。データがあり、トピックがあり、オーディエンスのことも理解しているので、人気のあるインフォグラフィックを作成するための、次なる重要な要素が、コピーです。このステップでは、読者のために収集した全てのデータを細かく噛み砕いていきます。

魅力的なストーリーを作ることは、読者にだけメリットをもたらすのではなく、インフォグラフィックを作成するデザイナーにとっても極めて重要な役割を果たします。デザイナーがデータを見て理解することが可能であれば、同じ方法で、読者のために、手を加えて更に磨きをかけたデータにすることができるでしょう。

ステップ4:デザイン!

デザイナーは、6つの全プロセスにおいて重要な役割を担っています。コピーデッキを手渡すと、早速、インフォグラフィックの作成に着手してくれます。そして、確実に構造が出来上がっていて、インフォグラフィックへのビジュアルフローがあり、データが明瞭かつ簡潔に表現されていることを確認しながら作業を進めます。ですが、これは本当に基本的なことです!

デザイナーは、最初にワイヤーフレームをする必要があります。特定のコンテンツが、ゆくゆくは次のコンテンツに移動するためだけに、ボックスを一連にして配置させたのではありません。この作業をすることで、読者の注目を集めることができ、右下のCTAに読者を誘導するためのビジュアルフローを作成することができるのです。

インフォグラフィックのスタイルを決めることも重要です。上記で述べたソーシャルメディアの投稿時間の例を取ると、カラーパレット、インパクトのあるタイポグラフィ、そして、トピックが持つ特定のスタイルに、どことなく結びつきを感じさせる様々なイラストを使ってインフォグラフィックを作ります。

更に、読者の目に留まるだけでなく、ブランドとぴったり調和する(または少なくとも結びつける)相応しい図像学とパターン/テクスチャも選びます。結局は、印象的なビジュアルストーリーを作り上げた背後の人たちの存在を読者に知ってもらい、CTA終盤に近づくにつれて、読者が企業に対して関わりたいと思っていて欲しいと思うのは当然です。

ステップ5:レビュー、レビュー、レビュー

デザイナーによるインフォグラフィックのデザイン設計が終了したら、複数の人が数回に渡って完成されたデザインのレビューする必要があります。これにより、何か間違いがあっても見つかる可能性があるので、インフォグラフィックテストを実行できる良い方法です。デザインはどのように流れになっていましたか?綿密で複雑なインフォグラフィックスの場合は、レビューを行うことが特に重要になります。データは上手く表現されていて、解析しやすくなっていましたか?

このようなことを検討しながら、レビューを進めていくべきでしょう。最終版がリリースされる前に、インフォグラフィックスの改訂を2〜3回行うことは、かなり一般的です。通常、改訂の回数はインフォグラフィックスの複雑さに起因しています。最終的に承認されたバージョンが選ばれたら、インフォグラフィックスを公開する準備は完了です!

ステップ6:パブリッシュと宣伝

このステップは、驚くほど良く見過ごされる(または過小評価される)プロセスの一つです。インフォグラフィックが作成されても、一度も公開されることがなかったり、明確な計画もなしにウェブ上に置かれたことで、サイバースペースに紛れて無くなってしまうこともあります。チームは、最大限に露出を行う方法と、適切な人に適切なタイミングでリーチする方法について明確な計画を立てるべきです。

ここで考慮する局面とは、適切なソーシャルメディアチャネルの選択です。例えば、Pinterestはインフォグラフィックスの集まる優れたプラットフォームですが、ターゲットオーディエンスはPinterestを使用していますか?ステップ1から始めたリサーチを振り返り、ターゲットオーディエンスが最も関与しているソーシャルメディアチャネルを見つけてください。

通常、インフォグラフィックスは非常に長いので、ソーシャルメディア上に正しく表示されないことがあります。そのため、デザイナーにコンテンツのスナップショットを提供するソーシャルメディア対応のサムネイルを作成させることをお勧めします。これにより、フィード内で何かが読者の目に留まった物を、一度クリックさせることができるのです。

インフォグラフィックは、短い説明とCTAを添えてブログページにも掲載し、ソーシャルメディアプラットフォームごとに、チーム全体で推進していきます。これにより、ウェブサイトへのトラフィックも増加するはずです。

結論

マーケティングを自分の武器とするには欠かせないツールなのがインフォグラフィックスですが、キャンペーンに適切な影響を与えるためには適切な方法で構築する必要があります。インフォグラフィックの構造は必ず正しくなくてはならず、読者の興味がかきたてられるような見栄えのするインフォグラフィックであること。コピーも慎重に作らなければなりません。そして、忘れていけないのが 鍵となるものはデータ内に存在するということです。

この記事はSmartBug Inbound Marketing Blogに掲載され、Business2CommunityのAndy Williamsにより執筆されました。この記事は、NewsCredの出版社ネットワークを通じて合法的にライセンスされています。ライセンスに関する質問はlegal@newscred.comまでご連絡ください。