貴社のPRチームは、ブランドイメージとブランド名をモニタリングするため、ソーシャルメディアに多くの時間を費やしていることでしょう。企業は今年だけでも平均的に、予算の11%をソーシャルメディアマーケティングに使っています。PRのには、ブランドイメージを完全に革新する可能性と力を秘めています。

PRの力により、企業が低迷しているときに一度失った顧客を取り戻したり、会社のイメージを修復するのに役立ちます。このガイドでは、PRチームの声を聞くべき5つの理由をご紹介します。

すでに確立している評判を維持する

タイミングの悪い発言をすることで、窮地に陥ることもあります。厳しい立場に立たせられていては、企業を運営してくのは難しいでしょうし、PR戦略を実施する事もできないでしょう。広報担当者とは、企業の評判が非常に苦しい立場に追い込まれた場合にその危機的状況を立て直し、批判の標的になるのを防止します。

比較的、無傷な状態で危機を乗り切るつもりなら、広報担当者たちと一緒に仕事をするのは必要不可欠です。又、危機を未然に防ぐ活動を行うのも広報担当者の役割です。企業名が関わる論争が少ないほど、確固たる評判を確立する事ができ、進歩していけるのです。

適切な顧客へメッセージを届ける

PRチームは、企業のメッセージング内の矛盾を解消し、一度何かを発言すれば、話の途中で言葉や意味が不明瞭にならないよう、あらゆる活動をとります。発言が誤って解釈されると、企業に大きな影響を与えることとなり、企業の収縮を招く可能性があるのです。確実に適切なメッセージが顧客へ伝わっていることをしっかり確認する事で、チームの士気を高めましょう。

今日のネット社会における危険性とは、あなたの発言が誤解される可能性があることです。意図的で悪意のある発言であるかどうかに関らず、全く差し障りのないコメントであったとしても、本来の意味とは違った方向に取られることがあります。メッセージを伝える際にPRチームの助けを借りることで、このような事態の発生を防止する事ができるのです。

悪い状況がエスカレートしても周りに流されない

好ましくない状況が雪だるま式に膨れ上がったたとしても、その状況下で自分が流されないためのレッスンのお手本として、ドナルド・トランプを見てみましょう。ネガティブな報道が積み重なり、企業がプレッシャーに耐えきれられず、評判がボロボロになることがあります。ドナルド・トランプはプレッシャーから逃げ切れるかもしれませんが、まず第一に、最初から理想的な立場にはいません。

信頼のおけるPRチームは、企業に関するニュース報道が、視聴者に適切な印象を残していることを確かめ、数分で名声を博すPRスタントとは対照的に、企業の評判が今までの実績基づいて構築されていることを必ず確認します。PRの専門家たちは、長期に渡り企業の評判を保護し維持させてくことを期待されてます。

注目を浴びることが良いとは限らない

マーケターの最大の誤解とは、すべてのプレスが良いプレスであると思い込んでいること、というのは嘘であって、たとえ優秀なマーケターであったとしても、全ての状況をプラスに変えることはできません。今日のビジネス界には、誤ったタイミングに不適切な発言をしたことで、自分自身で事態を収拾することができないと感じている人が多く存在します。

信じられないかもしれませんが、最も注目を集めるプレスとは、新聞のビジネスページで見かけるような、ふざけた印象を与えるようなプレスであるとされています。論争によって状態が良い方向へ転がるかもしれませんが、実際に事が起こるまでは、事態がどの方向へ進むのかを事前に把握することはできません。

PRチームは、発言の過程で大きなミスを犯していないことを的確に確認するため、すべての発言を正確に監督、管理し、評判に傷をつけることなく、企業のビジョンと目標を提示できるようにします。

明確なゴールを持つ

多くの企業がそれぞれの見解を概説するニュースが常日頃から配信されています。この報道のすべてが、最終目標の達成に繋がるわけではありません。取材を受けた時間は、企業の長期的将来に向けた貢献活動として使用すべきであり、長期に渡り企業をより良い方向へ導く可能性がないのであれば、マーケティングコンテンツを浪費する意味はほぼないと言えるでしょう。

PRチームの目標とは、提供するマーケティング資料が企業の見解と確実に一致することです。ここで最も避けたいことは、全く異なる主張を含むコンテンツが多数存在することです。混同したメッセージは、顧客の混乱を招きやすくするため、結果的に売上に繋がる可能性も下がってしまうのです。

結論 – マーケティングを正しく理解する

PRチームは、会社の予算の大部分を使い果たすほど大規模なチームである必要はありません。PR専門家が1人でもいれば、マーケティング戦略を細かく微調整することで適切な顧客を惹きつけることが可能であり、マーケティングを正確に理解することが、最終的には企業にとって長期的な利益を生む出すこととなるでしょう。

========================================================
執筆者:Business2Community、David Wither
このブログはNewsCred出版者ネットワークから転載許可を取得しています。