強化されたコンテンツ-B2Bコンテンツの価値を最大限に高める(実際に執筆するコンテンツの量を増やすことなく)

毎日約2,700万個のコンテンツがインターネット上に掲載される中、ターゲットオーディエンスへコンテンツを届けるのは至難の業であることは明白です。自らのコンテンツを突出させる独創的な方法を工夫して、ROIを向上させる必要があります。古いコンテンツでROIを創出し続けたいのであれば、その潜在能力を有効に活用するためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

手を加えて再投稿する

新しい投稿の作成に時間とコストを費やすのではなく、好評だった投稿に手を加えて再公開してみませんか?もしかすると、まだその投稿を読んでいない人がいるかもしれません。また、修正を加えることで、古くからのウェブサイト訪問者も新鮮に感じることでしょう。このような機会は、いつまで経っても色褪せないコンテンツではなく、期限切れの古い情報を含むコンテンツの更新に活かされます。古くなったコンテンツに活用できるアイデアは次のとおりです。

  • 公開時に適用された統計データや情報が提供されている場合、古い数字を関連する新しい情報に更新する
  • 関連性の高い新しい洞察を得たら、古い投稿に追加して修正する
  • タイトルを少し変更して、新しい視点を加える
  • 異なるターゲット層やペルソナに合わせて、コンテンツの論調に微調整を加える
  • 検索エンジンで表示されやすくする

これらの仕掛けは、新旧問わず訪問者がコンテンツにエンゲージする根拠となります。同じコンテンツでも、新しいタイトルごとに異なる視聴者を次々と引き寄せる可能性があります。また、フォロワーも最新バージョンのアップデートを入手できるように、ソーシャルメディアにも新しい変更を投稿することを忘れないでください。

古いコンテンツを転用する

コンテンツを継続的に広報し続ける狙いは、さまざまな読者にアプローチすることにあります。しかし、コンテンツとの関わり方に関して、人々の好みは異なります。ありがたいことに、ブログの投稿や電子ブックの中で表現されたメッセージは、インフォグラフィック、動画、ポッドキャスト、スライド、ニュースレターなどのアウトプットへ転用することができます。この戦略を活用することで、読者層が広がるだけでなく、配信プラットフォームを選択する際にも選択肢が広がります。

信頼できる配信チャネルへ投資する

上述したとおり、コンテンツをさまざまな形式で使用する場合は、複数の配信チャネルが必要になります。配信チャネルは、あなたが制作しようとするコンテンツの種類に合わせて選択しなければなりません。動画を作成するのであれば、Youtubeなどの動画を公開できるチャネルが必要です。ポッドキャスト、スライド、写真等を問わず、あなたがどんな種類のコンテンツを制作しようとも、この戦略は必要不可欠です。

場合によっては、メールの一斉送信サービス、Google広告、Facebook広告などの有料サービスに加入すると便利です。有料サービスを利用すると、時間の節約やオーディエンスの規模拡大につながります。

これら全てのチャネルに一斉に投資するのは現実的ではないかもしれません。では、企業にとって最適なチャネルはどのように選ぶのでしょうか?

もし、最適なチャンネルを数個に絞って専念するのであれば、各プラットフォームの効果をモニタリングする必要があります。

コンテンツを売り込み続ける

コンテンツマーケティングの80対20の法則はおそらく耳にしたことがあるかもしれません。この法則によると、時間の2割をコンテンツ開発に、残りの8割をマーケティングに費やす必要があります。しかし、この法則に従っている人はどれくらいいるでしょう?厳密にこの数字に従わないまでも、選択したプラットフォームにコンテンツを1回投稿するだけで一休みしていたら妥当な結果は得られないでしょう。

継続的なマーケティングを通じて、次のことが可能です。

  • 新しい訪問者を新旧のコンテンツに誘導する
  • 受動的な読者にもアプローチできるよう、コンテンツを配信する(複数のニュースレターやEメールを送信するなどして)

まとめ

人を惹きつける魅力的なコンテンツ制作にはコストがかかります。時間とお金を投資して実現します。残念ながら、その投資で妥当なリターンを得るには、さらに多くのことを行う必要があります。追加コンテンツの制作に、より多くを費やすのではなく、すでにあるものの価値を最大限に活用しませんか?上述したアイデアで、古いコンテンツをリサイクルして、そのリターンを享受し続けましょう。また、この取組みが収益にプラスに働いていることを徹底するため、コンテンツについての測定と報告を忘れないでください。

========================================================
執筆者:Business2Community、Martina Stricak
このブログはPipeline Marketing Blogに掲載され、転載されたNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

B2B ソーシャルメディアマーケティングで回避すべき5つの間違い

ソーシャルメディアは、多くの面で私達の生活を変えました。私達はネットのレビューを基に新しいレストランへ出掛け、時間や場所の制約を受けずに友人達と交流します。そして、従来とは全く異なるやり方で世界のオーディエンスと接触することができます。以下は、注目すべき統計データです。

  • インターネットのユーザー数は31億7,000万人、ソーシャルメディアのアクティブユーザー数は23億人である
  • リテールブランドの91%が、2つないしそれ以上のソーシャルメディアチャネルを活用している
  • インターネットユーザーは、平均54個のソーシャルメディアアカウントを持っている
  • ソーシャルメディアユーザーの数は昨年、1億7,600万人増加した
  • モバイルのソーシャルネットワークには、毎日100万人のアクティブユーザーが新たに加わっている(1秒に12人)
  • Facebook MessengerとWhatsappは、1日あたり600億件のメッセージを処理している

ソーシャルメディア上に溢れる数々のメッセージ、画像、そして広告。それらノイズの中から企業間(B2B)ソーシャルメディアマーケティングはいかに突出することができるのでしょうか?

では、確実にメッセージを届けるために、回避すべき5つの間違いをご紹介しましょう。

1.投稿しすぎる

1日に何度もFacebookに投稿して、煩わしくなり始めている友達っていますよね?そう、モーニングラテから飼い犬のクロエの写真、そして友達とのランチの様子をアップするその友達。もし、コメントが匿名だったら、皮肉のひとつでも書いてやりたいものです。ソーシャルメディアマーケティングとは、ブランドの認知度を高めることと潜在顧客を困らせないこと。このバランスだと言って間違いないでしょう。

投稿の頻度に関する一般的なガイドラインを、オンラインマーケターのケラン・スミスは以下のように提唱しています。

  • Twitter – 1日3回
  • Facebook – 1日2回まで
  • LinkedIn – 平日1日あたり1回、または1ヶ月に計20回
  • Google+ – 1日3回
  • Pinterest – 1日に少なくとも5回
  • Instagram – 1日1回

上に挙げた数字よりも多く投稿すると、オーディエンスはあなたの投稿を読まなくなるとスミスは言います。

2.関連性または一貫性のないコンテンツを投稿する

オーディエンスは忙しいため、簡単に注意をそらします。そのため、コンテンツはブランドとの関連性および一貫性が高いもの、また興味深くて目を引くものでなければなりません。絶対に画像を付けずに投稿してはいけません。投稿する前に、必ずリンクをテストします。事実、ソーシャルメディアマーケティングのベストプラクティスに関する最近の調査で、動画や画像が企業にとって最高の成果をもたらすことがわかりました。共有して宣伝するコンテンツは、これらの傾向が反映されているものを選ばなければなりません。つまり、オーディエンスが目にしたいと思うものと一致する必要があります。

3.プロフィールを最適化しない

ソーシャルメディアでの投稿の主な目的が、ブランド認知度を高め、ウェブサイトへのトラフィックを増やすことにあるとすれば、顧客がそのリンクをクリックしたときに表示される内容に配慮することが重要です。

オンラインマーケティング会社、Emagine.comのエミリー・アーバムは次のように助言しています。「ソーシャルメディアマーケティングは、B2Bウェブサイトへのトラフィックを増加させる絶好の機会を提供します。プロフィールは、詳細な企業説明とサイトへ戻るリンクを使って最適化することができます。また、ソーシャルメディアのコンテンツが検索エンジンにインデックスされているかを確認することも重要です。一つひとつのツイートやステータスの更新を、検索エンジン向けに最適化できるコンテンツの一部として考えるようにしてください。」

4.クライアントがどこにいるのか分からない

業界や提供するサービスにより、オーディエンスの統計学的データは大幅に異なります。テクノロジー系のベンチャー企業は若いオーディエンスで構成される傾向にある一方、確立された地方の企業は少し高い年齢層に偏ります。たとえば、ソーシャルメディアを構成する最大の年齢層は25〜34歳ですが、他の年齢層との差は大きくありません。

「Facebook、Google+、Twitter、Instagram、そしてPinterestは、このカテゴリーに該当します。SnapChat、Vine、Tumblrのユーザーの大半は18〜24歳のミレニアル世代です。LinkedInは他とは異なり、35~44歳が主導しています」と、Social Media Weekのタイラー・ベッカーは説明します。

オーディエンスが誰なのか、そしてどこにいるかを知ることで、時間とコストを節約することができます。

5.支払った分だけ得ることができる

ソーシャルメディアマーケティングのこの時代において、一度も顔を合わせたことのないクライアントは大勢いることでしょう。あなたにとってコーリングカードとはソーシャルメディアのシェアであり、店頭はウェブサイトのランディングページです。これを念頭に置きながら、ソーシャルメディアマーケターとの協力を検討し、最高の結果を導く至極きれいなキャンペーンを実施しましょう。いい加減な投稿を行ったり、投稿を予定に入れていなかったり、あるいは矛盾したメッセージを発信すれば、企業の品位が下がり、ビューアーのクリックスルー率も低下します。

最後に

ソーシャルメディアマーケティングは、あなたにとって最高の資産にも、大きな困難にもなり得ます。上に挙げた5つの間違いを回避し、また手を伸ばしてさらなる支援を求めることで、より多くのクライアントにリーチし、より多くのリードを生み出すという目標を達成することができるでしょう。

========================================================
執筆者:Business2Community、Eleonora Israele
このブログはThe Salesforce Blogに掲載され、転載されたNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

優れたコンテンツでマーケティングを飛躍させる4つの方法

私達はマーケターとして、オーディエンスを取り込むための新たな方法を常に模索しています。新しいチャネル、戦略、そしてキャンペーン。これらのイニシアチブの中核となるのがコンテンツであり、コンテンツこそがあらゆるイニシアチブの刺激となります。

先週、Vidyardの「ビデオ・マーケティング・サミット」に出席し、最新かつ最高のクリエイティブコンテンツ、ビデオアナリティクス(動画画像解析)、そしてデジタルマーケティング技術を学ぶ機会がありました。キートレンドを常に注視している人であれば、動画が今やあらゆるコンテンツマーケティング戦略の核心的要素となっていることはご存知でしょう。動画コンテンツを活用することで、感性に訴えながら様々なレベルのオーディエンスとコミュニケーションをとることができます。

Viewtopiaでは、エンゲージメントを高めるコンテンツで、いかにマーケティングを飛躍させることができるかを実演した素晴らしいセッションにいくつか参加しました。そこで注目の集まった4つのセッションから学んだ事柄をご紹介しましょう。

  1. コンテンツエコノミーからアテンションエコノミーへ移行する

芸術と科学は共にマーケターに力を与えてきました。マーケターはこの両者を活用することで、購入者との関係を構築し、自身の影響力を理解することができます。Viewtopiaの幕を開けたのは、VidyardのCMO、タイラー・レサードによるセッション「Connecting with Buyers in the Age of Experience (エクスペリエンスの時代における購入者とのつながり)」でした。私たちの生きる「情報化時代」では、情報は今や商品であり、購入者は(その量に)打ちのめされています。これは、性別や年齢、世代を超えた現実です。

購入者は以前にもまして、より多くの情報を有しています。そこで重要となるのは、購入者のアテンション(関心)を集めることに他なりません。つまり、購入者に最高のカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を提供することです。では、ノイズの中から突出する方法とは?レサードが述べたとおり、デジタルマーケティングとマーケティングオートメーション(自動化)は、私達のオーディエンスとの関わり方に影響を与えている飛躍的進歩です。動画を使えば、さまざまなチャネル上で人を惹きつける魅力的なコンテンツエクスペリエンスが創造でき、その一つひとつから特別な洞察を拾い集めることができます。

コンテンツ、チャネル、そして洞察。突出したブランドは、鍵となるこれら3つの分野を確固たるものにしています。効果的なマーケティングはクロスチャネルアプローチを駆使して、パーソナライズされたコンテンツやシームレスなメッセージングを前面に押し出しています。さらに、マーケティングの取組みがいかに収益に転換されているかを見るために、クリック数や閲覧数以外の指標も今や必要不可欠となっています。

2.コンテンツへの新たなアプローチを取る

ポストデジタルのマインドシフトを取り入れ、新たな方法でコンテンツにアプローチする時代が訪れています。Forrester ResearchのVP兼プリンシパル・アナリストであるローラ・ラモスは、セッション「The Power of Video in Making Your B2B Story Come Alive(B2Bストーリーを刷新する動画の影響力)」の中で、貴重な洞察を共有しています。購入者、そして購入者独自のジャーニーこそが、コンテンツで最も重要な要素に他ならず、私達は効果的なストーリーテリング(物語)を通してこの期待に応えることができるというのです。

ストーリーテリングを活用して購入者を取り込むための5つの方法を、ラモスは次のように説明しています。

  • 「秀逸な」コンテンツをストーリーまたはナラティブとして再利用する
  • 複数の章を有する長編アセットに挑戦する
  • 顧客を舞台の中心に据える
  • より多くの動画を撮影する
  • 購入者との価値交換をつくり出す

ラモスはまた、B2Cにも適用可能なB2Bのストーリーテリングに関する4つの重要な原則を次のように共有しています。

  • 共感は信頼を構築し、関係を深める。オーディエンスが関心を寄せるものに対して理解を示すこと。彼らのビジネスに関する問題だけでなく、彼らが日常的に対処している問題を取り上げましょう。マーケティングとは共感しうるものでなければならないのです。
  • 意思決定とは感情的なものである。意思決定とは必ずしも合理的なものではありません。だからこそ、ストーリーを活用して感情を刺激しましょう。心の琴線に触れるストーリーはもとより、ユーモアや悲劇も活用しましょう。人々は、きれいなサクセスストーリーに辟易しています。不成功や救済に焦点を当ててみましょう。
  • 人は友人、家族、そして仲間を信頼する。人は、ブランドであるあなたを信頼する以上に、人を信頼するものです。だからこそブランド支持者を育て、自身のストーリーを共有するようブランド支持者に促しましょう。
  • 感覚を惹きつけて、永続的な印象を残す。ビジュアルやオーディオなどの異なる種類のコンテンツを使って、すべての感覚を取り込みましょう。

マーケティングの枠を超える最も重要な教訓とは?目の前の商業的利益を求めるのではなく、価値あるものを提供する。オーディエンスとの関係と信頼の構築、これがすべてです。

3.パーソナライズされたコンテンツを使って、アカウントベースドマーケティングを強化する

アカウントベースドマーケティング(ABM)とは、重要度の高いアカウントにターゲットを絞って取り込むために、マーケティングおよび営業活動を連携させて、パーソナライズされたメッセージング、キャンペーン、およびアウトリーチを活用することに他なりません。そのメリットは極めて大きく、SiriusDecisionsによると、世界のB2Bマーケターの92%が、マーケティング活動全体にとってABMは極めて重要または非常に重要であると考えています。Marketoのシニア・マーケティング・ディレクター、チャーム・ビアンキーニは、プレゼンテーション「Multi-Channel Personalization: The Key to Account-Based Marketing Success(マルチチャネル・パーソナライゼーション:アカウントベースドマーケティング成功への鍵)」の中で、ターゲットアカウント戦略をいかにして次のレベルへ引き上げるかを説明しています。

重要度の高いアカウントを特定し、その組織の適切な部署に重点的に働き掛けるためのプロファイルを作成したら、ABMキャンペーンを推進するためのパーソナライズされた関連コンテンツを用意することが重要です。バイヤーペルソナを作成し、それらのジャーニーを描き出すことで、特定の役割を果たすコンテンツを作成することができます。動画、レポート、ウェビナー、SlideShares、電子書籍、ブログ、ポッドキャスト、インフォグラフィックなど、選択肢は無限にあります。言うまでもなく、これらはゼロからつくり上げる必要はありません。既存のアセットを再利用して、ターゲットオーディエンスの共鳴を誘うように微調整を加えればいいのです。特定の企業や業界に合わせて専門用語や実例、または言語を切り替えることで、そうしたことが可能になります。

アカウントとコンテンツが確定したら、できるだけ多くのチャネルでストーリーを連係させ、オーディエンスにターゲットを絞って取り込みます。ウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、Eメール、モバイルなどのコアチャネルはもちろん、動画も忘れてはいけません。マーケティングオートメーションプラットフォームと統合されたビデオプラットフォームを活用すると、ウェビナー、デモ、および動画について、オーディエンスエンゲージメントへの洞察を得ることができ、ターゲットアカウントを適切に評価することが可能です。

4.自分の中のストーリーテラーを解き放つ

エンゲージメントを高めるコンテンツの最たる例が、ソーシャルインフルエンサーから登場することもあります。プレゼンテーション「The Storyteller in All of Us(私達の中のストーリーテラー)」の中で舞台に上がったのは、映像制作者でありYouTubeおよびInstagramのパーソナリティでもあるザック・キングです。キングがビデオ撮影への情熱を追い求め始めたのは、彼が7歳の時、家族の結婚式でカメラを手にした時でした。以来、動画がいかに自分の考えやビジョンを自分以外の人へ表現するのに役立つかを彼は見てきました。そして、ソーシャルセレブリティの仲間入りを果たしたキングは、Instagramだけでも1,600万人超のフォロワーを抱えるまでに名を上げたのです。

キングは、これまでに得た貴重な教訓を共有してくれました。第1の教訓とは?オーディエンスを教育し、耳を傾けることです。動画編集ソフト「Final Cut」のチュートリアルで、YouTubeへの投稿を始めたキングは、およそ4万人から5万人のフォロワーを獲得しましたが、彼の作品が本当に好評を博すようになったのは、オーディエンスの声を聴き始めてからだといいます。ソフトのエフェクトが実際に動画の中で使われているのを見たいとのコメントがあったことから、キングは短編動画「ジェダイの子猫」(およびその続編「ジェダイの子猫の逆襲」)を制作しました。動画は口コミで瞬く間に広がり、主要なニュースチャネルで紹介されました。

キングは、効果的な動画を作成するためのヒントを次のように紹介しています。

  • クリーンな動画として、誰もが観ることができるようにする
  • 人から人へ広がりやすい動画でなければならない。視聴者として再投稿したり共有したりできるものでなければなりません。
  • 声を確立し、心理的なつながりを持つ
  • 「始まり」「中間」「終わり」を持つ。あなたの動画がどんなに短いものでもです。
  • 何を与え、集め、成長させるのかを理解する

与える:あなたはどんな価値を与えていますか?ストーリー、感情、有益な技術?その貢献は、条件付きであってはいけません。

集める:適切なプラットフォームを見つけましょう。望ましいオーディエンスがどこでコンテンツを消費するかを判断し、彼らがどのようにコンテンツとエンゲージしているかを理解するのに役立つアナリティクスを活用します。より短い動画でも高いエンゲージメントを得ることができるという事実に魅了されたキングは、Vineが初めて登場した際、YouTubeからプラットフォームを移しました。この6秒間の短い動画制作を通して、キングは短い時間の中でいかにストーリーを語るかという点に集中することができたのです。そして、Instagramで動画機能が導入されると、両者のプラットフォーム上に同じ動画を投稿し始めます。Instagramの方がより優れたエンゲージメントを得ることができたキングは、Instagramに焦点を当てるようになりました。

成長させる:オーディエンスを育てます。「より深く」か「バイラル」か。重要なコンテンツは価値を高め、エンターテイメントを創出します。一方で、バイラル(口コミで瞬時に広がる)コンテンツで得られるのは、15分間の名声だけです。

優れたコンテンツでマーケティングを飛躍させるもう1つの方法は、ブランドや業界を取り巻くアナリティクスとデータを調べることです。統計は、単純な人口統計データだけでなく、センチメントやソーシャルカンバセーション、そしてもちろん、競合他社とのベンチマーキングに及びます。

今後、何が私達を待ち受けているのかを知る術はありません。しかし、確かなことが1つあります。人を惹きつける魅力的なコンテンツをつくり出すことで、ノイズの中から突出する時がきたのです。

========================================================
執筆者:Business2Community、Elaine Ip
このブログはMarketo Marketing Blogに掲載され、転載されたNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

2016年のMeltwaterオンラインセミナーまとめ

Meltwaterでは定期的にウェビナー(オンライン視聴型セミナー)を開催しております。
セミナーでは広報・コミュニケーションズの分野でご活躍されている方をゲストとしてお招きし、
話題となっているトピックスについてご登壇頂いています。

2016年も多くのゲストがMeltwaterのウェビナーにご登壇頂きました。
見逃してしまった方、もう一度ご視聴されたい方のために本年のウェビナーのまとめです!

「競合との競争」から「顧客との共創」へ 共感、共有時代のマーケティング=エンゲージメント・マーケティング

yutaka-hara登壇者:原 裕 (はら ゆたか) 氏
株式会社メンバーズ 執行役員
株式会社エンゲージメント・ファースト 代表取締役社長
=================================
皆様は、CSVについてご存知でしょうか?
マイケル・ポーターがCSRに変わる新しい価値として提唱している、CSV(共通価値の創造)のことです。
もはや商品名や競合との差別化だけを連呼していても、消費者は商品を選ばない時代になりました。ソーシャル時代において、顧客に共感してもらい、共有してもらうことが重要になってきました。CSVは新たな経営、マーケティング手段として近年注目されている手法です。顧客が関心を寄せる社会的課題を解決する製品・サービスを開発・販売することにより、顧客に関心に持ってもらい、共感してもらう「共通の価値」についても考えてみませんか?
本ウェビナーの視聴はこちらから

今話題の動画リリースを理解する

photohideki_asahi登壇者:朝火英樹 (あさひ ひでき) 氏
株式会社ニューズ・ツー・ユー
マーケティングコミュニケーション部・マネージャー
=================================
1分間の動画が伝える情報量は180万語。これは3,600のWebページ分に匹敵すると言われています。(※
VIDEO BREWERY調べ)ニュースリリースを配信する際に内容がどれだけ多くのオーディエンスに見られ、興味を引けるかが記事化を左右します。動画のパワーでリリースの内容をさらに分かりやすく、伝わりやすく多くのステークホルダーに拡散することが可能となります。
ステークホルダーとのエンゲージメントをどのように深められるのか、動画制作のポイントや活用事例など、皆様の気になっているトピックについてお話しいただきます。
本ウェビナーの視聴はこちらから

BtoBマーケティング・ブランディングを学ぶ

ichiro-niwayama-mw登壇者:庭山一郎  (にわやま いちろう) 氏
シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役
=================================
BtoB企業とBtoC企業のマーケティングにおいては、その活動内容も大きく異なります。
この度、BtoBマーケティングの第一人者として知られているシンフォニマーケティング株式会社 代表取締役 庭山 一郎(にわやま いちろう)氏をお迎えし、BtoBマーケティングについてのウェビナーを行います
本ウェビナーの視聴はこちらから

コミュニティを活用したマーケティングのトレンドを知る

hiroyasu-ichikawa2登壇者:市川裕康 (いちかわ ひろやす) 氏
Meetupコミュニティマネージャー
株式会社ソーシャルカンパニー 代表取締役
=================================
ビジネスでのソーシャルメディアの利用としてコミュニティ運営にも注目が集まっています。対面のミートアップも行われていますが、多くの方がその運営や実施にお悩みではないでしょうか。
この度、ソーシャルメディア・コンサルタントとして、ツイッターやフェイスブック等を活用したビジネス・コンサルティング、非営利団体や企業の社会貢献活動の推進・支援に取り組んでおり、講談社「現代ビジネス」でのへの寄稿(ソーシャルビジネス最前線)も話題となった市川裕康(いちかわ ひろやす)氏をお迎えし、ウェビナーを行います。
本ウェビナーの視聴はこちらから