いよいよ明日(6月29日)開催!Meltwaterウェビナーのお知らせ

いつもMeltwaterブログをご覧いただき、ありがとうございます。

明日16時より、株式会社メンバーズ 執行役員、株式会社エンゲージメント・ファースト 代表取締役社長の原 裕氏より「競合との競争」から「顧客との共創」へ 共感、共有時代のマーケティング=エンゲージメント・マーケティング についてのウェビナー(オンラインセミナー)を行います。

ご興味のある方、ライブの時間が合わない方でもオンデマンド版を後日配信致しますので、是非ご登録ください。ご登録はこちらから。

皆様のご参加、お待ちしております!

 

インパクトのある ブログ を書くためのアドバイス

ブログ 執筆にあたって、以下のアドバイスをもとに関連性の高いオーディエンスを見つけるインパクトの強い記事を公開しましょう。記事の中身よりも大切なのは、構造、フォーマット、そしてSEO(検索エンジン最適化)に配慮した優れたプレゼンテーションです。

1.中心となるキーワードまたはフレーズを選択する
潜在的読者があなたのコンテンツを見つけるために使うであろう検索ワードについて考えます(Googleのキーワードプランナーを使って、検索によく使われるワードを調べます)。記事を書き始める前に、主なキーワードと3〜5つのバリエーションを決めておきます。

2.記事を構成する
文章の輪郭をつくっておくと、非常に効果的です。

  • 核心となる主題
  • 根拠と証拠
  • 根拠と証拠
  • まとめ/だから何/今後何をすべきか

3.記事の長さは重要である
単語数は301から500の間を目指します。これよりも短いと、SEOに差し障ります。またこれよりも長い記事には大抵の場合、緻密で焦点の定まった、インパクトの強い考えは書かれていません。長い記事を書く場合は、複数回のシリーズに分けて掲載することをお勧めします。そうすることで、実際にSEOにとっても良い影響が出ますし、読者のエンゲージメントを促すこともできます。

4.キーワードを使って校正する
原稿を読み返して、文章の至る箇所にキーワードを組み込んでいきます。大体の目安として、100単語毎にキーワードを1回使います。また、キーワードは以下の中にも使ってください。

  • ヘッドライン
  • 冒頭文
  • 少なくとも1つのサブヘッドライン
  • 必要に応じて、キーワードのバリエーションを全体的に

5.画像を追加する
画像の明確な著作権を持っていることを確認してください。画像には、写真、イラスト、グラフ、アイコン、ロゴなどを使います。画像ファイル名には、中心となるキーワードの名前を付けます。例えば、「製品名」がキーワードであれば、画像の名前を「IMG_20150805.jpg」から「Naming_Products.jpg」へ変更します。また、altテキストにもキーワードが含まれていることを確認します。

6.他のソースまたはリソースへのアウトバウンドリンクを少なくとも1つ追加する
アンカーテキストに中心的なキーワードを含めます。

7.メタデータを提供する
タイトルと説明文などのメタデータにキーワードを使って、Googleに提供します。タイトルは55文字、説明文は115文字とします。ポストURLおよびページ上の全てのaltタグに必ずキーワードを使用します。

8.ソーシャルメディアの投稿を、LinkedIn、Facebook、そしてTwitterで言及する
ブログを書くと同時に、この重要なコンテンツについて言及するのは理にかなっています。クリックを誘うように積極的な表現で言及しましょう。

良い例:商品のネーミングについて、ブランドネーミングのエキスパート、リサ・メリアムからアドバイスをもらいましょう。ネーミングでの困った問題を回避するための重要な「良い例」と「悪い例」をご紹介します。

あまり良くない例:今月のブログでは、リサ・メリアムが製品のネーミング方法についての良いアドバイスを提供しています。

さて、インパクトのある記事を書く準備が整いました。一緒にブログを書いている同僚の皆さんにも、同じツールボックスを用意してあげることをお忘れなく。この情報を共有して、コンテンツの創造の旅へお役立てください。

========================================================
執筆者:Business2Community、リサ・メエリアム
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

今、知っておくべきソーシャルメディアの21の事実

ミレニアル世代はまだFacebookを利用しています。画像はより多くシェアされます。デジタル広告費は増加しています。Facebookで投稿しすぎると、アンフォローされます。

そうです、これらはあなたが知っておくべき事実です。これを裏付ける証拠もあります。

私は今年の初め、この年を迎えるにあたって知っておくべきマーケティングとソーシャルメディアの16の事実について記事を書き上げました。そしてまた、今知るべき21の事実をまとめたところです。これらは実に広範なトピックに及んでいますが、Snapchatがリストのどこにもないことには既に気づいています。わざと知らないふりをしたわけではありません。「クールなブランドマーケティングツールならSnapchat」の決まり文句を鵜呑みにしていないだけです。Snapchatのアカウントは持っていますし、ちゃんと使ってもいます。しかし、Snapchatがブランド(特に私の働いてる会社のような)にとって有効でまともなマーケティングツールとなるのは、まだずっと先のことだと考えているからです。

これらの統計データは、新しい「Marketing Fact Friday」シリーズに追加され、私のソーシャルチャネルにアップされます。毎週金曜日に投稿される画像はご自由にシェアしてください。

それでは、今知っておくべきマーケティングとソーシャルメディアの21の事実を紹介します。

ソーシャルメディアの事実

  • Facebookの月間ユーザー数は、2016年末までに14億3,000万人に達するとみられています。今年、米国内の同社デジタル広告収入の82%は、モバイルが占める見込みです。(出典:eMarketer)
  • 世界のソーシャルメディアのマーケティング関係者の8%が、Facebookはもっとも高いROIを生んでいると答えています。(出典:eMarketer)
  • Facebookユーザーの21%が、何度も同じ投稿を繰り返す、または退屈なコンテンツを投稿するブランドはアンフォローすると答えています。また、同ユーザーの19%が、もしブランドが頻繁に(1日7回以上)投稿を行った場合、ブランドをアンフォローするだろうと答えています。(出典:Adweek)

これは実際にあった話です。私はこの春、あるカンファレンスに出席しました。そのカンファレンスで、ソーシャルメディアの「専門家」と名乗る人物が、会場に集まったおよそ300人を前にこう語ったのです。「Facebookでは『できる限り多くの』投稿をする必要がある」と。私はその言葉を聞いてぞっとしてしまいました!思わず立ち上がって「違う!!!」と叫びたかったくらいです。なぜなら、それは多くのフォロアーに対して「アンフォローして」と頼んでいるのも同然のことだからです。確かに、1日に何回投稿しても構いませんが、戦略的に行うことが前提です。『できる限り多く』ではないのです。このカンファレンスの主催者(私の知り合いです)は、彼女を「専門家」と見なしているのもさることながら、私の提言よりも彼女の謳い文句を選んだわけです・・・。

  • 2015年、従業員数が100人を超える米国企業の7%が、マーケティング活動のためにFacebookを活用しました。その割合は、今年は3%に、来年は85.8%に上昇するとみられています。(出典:MediaPost)
  • ミレニアル世代(15~34歳)の91%が、Facebookを利用しています。(出典:Infinitdatum)
  • LinkedInの投稿にリンクが含まれる場合、エンゲージメントが平均45%、投稿に質問が含まれる場合、コメント数が50%、投稿に画像が含まれる場合、コメント数が98%、それぞれ増加します。(出典:DMR)
  • 2015年、従業員数が100人を超える米国企業の32%が、マーケティング活動のためにInstagramを活用しました。その割合は、今年は約49%に、来年は7%に増加する見込みです。(出典:MediaPost)
  • B2B意思決定者の81%が、購買意思決定にオンラインコミュニティやブログを活用しています。その74%がLinkedInを、42%がTwitterを活用しています。(出典:Marketing Think)
  • ソーシャルメディアサービスにおいて、ブランドと良好な経験を持つ消費者の71%が、そのブランドを他の人にも勧めるだろうと答えています。(出典:Get Ambassador)
  • ソーシャルメディアにおいて、ビジュアルコンテンツは他の種類のコンテンツに比べ、シェアされる可能性が40倍高くなります。(出典:HubSpot)
  • Twitterを介してブランドに苦情を訴える78%の人が、1時間以内の応答を期待しています。(出典:Lithium)
  • 企業と連絡を取る際、ミレニアル世代の33%が、どのチャネルよりもソーシャルメディアを使いたいと答えています。(出典:Marketing Sherpa)
  • インターネットユーザーは、平均54のソーシャルメディアアカウントを持っています。(出典:Global Web Index)
  • B2B購買者の75%は購買を行う際、ソーシャルメディアを活用して意思決定を行っています。(出典:IDC)

コンテンツマーケティングの事実

  • ブログを書いているマーケティング関係者は、ROIを生む可能性が13倍高いと言われています。(出典:Contently)
  • 読者の74%が、商品の売り込みさえ始めなければ、ブランドの教育コンテンツを信用すると答えています。 (出典:Contently)
  • 北米におけるB2Bマーケティング関係者の88%が、Twitterを利用してコンテンツ配信を行っています。(出典:DMR)

広告の事実

  • インターネットに表示される一般的な広告の56%は、実際に見られることがありません。(出典:Contently)
  • B2B購買者の半数が、スマートフォンを利用して企業の購買を行っています。また、その購買の40%が、スマートフォンデバイスから直接影響を受けています。反対に、デジタルマーケティングにおけるモバイルへの配分額はわずか3%にすぎません。(出典:PureB2B)
  • インターネット総広告費は来年、9%の成長となる見込みです。インターネットは今年、テレビを抜いて最大の広告媒体となる見通しです。(出典:MediaPost)

そして、私が読んだ中でもっとも懸念される統計データが・・・

  • マーケティング関係者の3分の1が、収益にもっとも大きく貢献しているデジタルマーケティングチャネルがどれかを知りません。(出典:MarketingProfs)

だから、マーケティング活動を追跡する必要があるのです!

これらの事実および統計データは全て、強固なソーシャルメディアプログラムを擁護するための主張を裏付けるものです。

========================================================
執筆者:Business2Community、マンディー・エドワーズ
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

オンラインチャンネルとオフラインチャンネルのギャップを埋める3つのステップ

想像してみてください。あなたは今度のヨセミテ旅行のために、インターネットで登山用の靴を探しています。いくつか気になる靴を見つけたあなたは、近くの店舗で試着してみることにします。店へ行く途中、携帯電話のプッシュ通知を受け取ります。今まさに見ていた靴の1つが20%オフになったとのこと。やった!!この靴目掛けて一直線に進んだあなたは、靴を試着し、無事購入に至ります。翌日には、この靴にぴったりのウール素材の登山用靴下のプロモーションをEメールで受け取りました。

かなりシームレスな体験に見えるかもしれません。しかし、お気づきではないかもしれませんが、このようなエクスペリエンスを提供するために、バックエンドではいくつもの異なるチャンネルを繋げる莫大な動きが展開されています。上記の例では、ウェブサイト、モバイル、インストア、そしてEメールの全てのチャンネルが使用され、あなたのさまざまなアクションに耳を傾け応答しているのです。

オンライン 上およびオフライン上でのエクスペリエンスを繋げる動きは、何も今に始まったことではありません。この必要性を理解しているマーケティング関係者は数多くいることでしょう。しかし、ボトムラインの目標、つまり最終収益に多大な影響を及ぼすその可能性について理解しているマーケティング関係者は数多くいません。カスタマージャーニー全体に影響を及ぼすためには、サイロではなく、チャンネルを越えた全体的なカスタマーエクスペリエンスに目を向ける必要があります。オンラインマーケティングは、オフラインでの行動に大きな影響を与え、またその逆も然りです。事実、Econsultancyによると、インターネット上で商品サーチを行った人の4割が、オフラインチャンネルから影響を受けた後に商品の購入に至っています。マーケティング関係者はこの事実を理解することにより、マーケティングツールの中の必要なレバーを引いて、望み通りの結果を的確に導き出すことができるのです。

それでは、オンラインマーケティングとオフラインマーケティングのギャップを埋めるための3つのステップを紹介します。

1.全てのマーケティングチャンネルを明確にし、最適な組み合わせを決定する

お使いのオンラインチャンネルおよびオフラインチャンネルを全て一覧にして、各チャンネルの所有者を明確にします(大企業では別々のチームが各チャンネルを所有している可能性があります。一方、小さな企業は単独ないし複数のチームが共有しているかもしれません)。貴社でモバイルアプリをお使いなら、一覧に含めることをお忘れなく。モバイルデバイスが私達の生活に欠かせない一部となった今、モバイルマーケティングはオンラインとオフラインの世界を橋渡しする効果的な媒体だからです。

次に、顧客との会話をシームレスに保つことのできる相補的な位置にあるチャンネルを特定します。Eメールとダイレクトメール、モバイルアプリと店頭広告、そしてSMSとオフィシャルホームページがその例です。どのような組み合わせを選ぶにせよ、目標設定から実施、効果測定、そして最適化に至るまで、チャンネル所有者の協力と賛同を確実に得ておきましょう。使用するリソースと技術インフラが既存のものであればあるほど、円滑に事を運ぶことができます。Marketo(マルケト)などのマーケティングオートメーションシステムの記録を見れば、オンラインだけでなくオフライン上での相互作用など、顧客の360度ビュー(全体像)を見ることが可能です。つまり、あるチャンネル上でのコミュニケーションを、他のチャンネル上での行動を基にトリガーさせるということが実際に可能となるのです。

2. 目標および成果指標を設定する

どのキャンペーンにおいても言えることですが、クロスチャンネルキャンペーンの実行前に、目標設定を行いましょう。収益目標から逆算して、各チャンネルの目標を決めていきます。オンラインとオフラインで使われる指標は必ずしも一致しませんが、最終的な目標は同じです。つまり、売上を伸ばし、収益を増やすことにあります。成果測定のために追跡したいオンラインおよびオフラインの指標例を以下に挙げます。

  • ウェブサイト:ページビュー数、平均セッション時間、訪問数のもっとも多いページ、直帰率、コンバージョン数、行動フロー、キーワードランキング等
  • モバイル:ユーザー数、セッション時間、アプリ滞在時間、アクション数、リテンション等
  • Eメール:クリックスルー率、コンバージョン数、登録解除数等
  • デジタル広告:インプレッション数、リーチ、クリック数、クリックスルー率、エンゲージメント率、コンバージョン数等
  • オフライン指標:店舗訪問数または展示会ブース訪問数、電話問い合わせ数、オファー使用率、店舗売上数等

オンラインチャンネルとオフラインチャンネルを統合した際に期待できる指標値の増加目標を設定します。目標値は、統合されるチャンネルや、各チャンネルがカスタマージャーニーに及ぼす影響の種類によっても大きく左右されるでしょう。保守的な目標設定であれば大体3~5%、積極的目標を掲げるのなら20%超も考えられます。また、すでに各チャンネルの目標が設定されているのであれば、そのチャンネルのROIが向上したことに起因するものではなく、別のチャンネルに牽引される指標値の増加割合を決めましょう。

3. 創造力を発揮してチャンネルを統合する

目標と枠組みが揃ったら、シームレスなエクスペリエンスを顧客に提供するキャンペーンアイデアを出し合いましょう。オンラインチャンネルとオフラインチャンネルを統合するアイデア例を以下に紹介します。

  • Eメールとダイレクトメール:トリガードキャンペーンに基づくダイレクトメールの送付により、カスタマーエンゲージメントを増やします。例えば、顧客がEメールを開封またはクリックすると、そのアクションに合わせてカスタマイズされたダイレクトメールを送付することができます。
  • 店内プロモーション:オンライン上でダウンロードして店舗で使えるクーポンをリピート顧客に提供します。クーポンに特有のコードを割り当てることにより、クーポンを使用したオフラインでの購入がオンラインマーケティングの活動に起因するものであることを知ることができます。
  • 地域限定プロモーション:モバイルデバイスの普及により、顧客がどこにいようとも顧客へのリーチが可能になりました。オンラインフォームにSMSのオプトイン項目を追加しておきましょう。重要な情報を顧客のモバイルデバイスへ送信することができます。
  • モバイルアプリのメッセージ:顧客のEメールに対するアクションの種類または有無を基にトリガーされたプッシュ通知やアプリ内のメッセージを送信します。あるいはその逆のやり方も可能でしょう。
  • イベント:指標を用いて参加者との対話を追跡・測定し、関連性の高いパーソナライズされたコンテンツでフォローアップします。
  • オフラインでのオンラインチャンネルの宣伝:QRコードとは別に、オフラインのトラフィックをオンラインチャンネルへ導く方法は数多く存在します。例えば、ソーシャルメディアのハンドルネーム、バニティURL、オフライン顧客へのクーポンコードなどによりオンラインチャンネルのトラフィックを増やすことができます。

オンライン・オフライン統合マーケティング戦略が、企業の掲げる大きな目標に多大な影響を与えるようになるまでには長い道のりが必要かもしれません。IoT(Internet of Things)が主流となりつつある今、カスタマージャーニーの中へ統合できるチャンネルは今後も増え続けていくことでしょう。また、現在お使いのオンラインチャンネルまたはオフラインチャンネルの評価を行う際、スマートウォッチやサーモスタットをはじめとする接続デバイスなどの新たなチャンネルを模索し始めるには、決して早すぎることはないということも忘れないでください。

========================================================
執筆者:Business2Community、Vyoma Kapur
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

変化するプレスリリースの現状

プレスリリースは時代遅れなのでしょうか。
プレスリリースは依然として企業のコミュニケーションにおいては主要な手段です。オンラインマーケターたちが古い広報手法の価値を認める一方で、ニュースリリースなどの新しい形も出現しています。マーケティングの権威であるDavid Meerman Scottは ”The New Rules of Marketing and PR” において次のように述べています。「インターネットは、長年に渡るほぼ独占的と言っても良いほどのメディアへの一極集中を経て、広報(public relations)を再び公共的(public)なものへと変容させた。」

中小企業にとって、ニュースリリースは特に費用対効果と管理のしやすいウェブ上でのコミュニケーションを提供します。しかしそれはメディアへの広報や配信における伝統的なルールやエチケットに関連した厄介な問題を引き起こすこともあり得ます。ニュースリリース戦略の利点と欠点を理解することにより、長い目でのマーケティング目標と広報におけるKPIなどのバランスを取ることができます。

新しいプレスリリース戦略の利点

  • プレスリリースはもうジャーナリストのみに独占的に読まれる時代は終わりました。今では誰もがニュースワイヤーや企業のニュースルームで会社の更新情報を読むことができます。多くの場合、企業は情報開示要件に従うのみです。それならば、企業は非メディア的な存在である顧客に向けてのメッセージングも入れ込むことができます。
  • プレスリリースで配信されるコンテンツ全てがメディアで報道されることはありません。バイヤーや投資家、その他ステークホルダーに直接更新情報を配信することで企業はそのメッセージや内容をより相手に適した形で届けることができます。また、一般的にトラディショナルメディアで取り上げられないニュースであっても、ブロガーやインフルエンサーなどにも伝わるように情報提供の手配をしておくのは有効的です。
  • オンラインニュースルームは企業ウェブサイトにおいて最も頻繁に更新され、SEOと相性が最も良いページです。ニュースリリースはオンラインマーケティング戦略全体における重要な役割を果たしており、ソーシャルメディアチャンネルやその他のマーケティングコミュニケーションの形のコンテンツとして必要とされる物の多くを提供しています。

新しいプレスリリース戦略の欠点

  • マーケティング上の顧客や世間に直接ニュースリリースを行うことは発表事の際にニュースの価値を下げることにもなり得ます。ジャーナリストを本来の「門番」として切り捨てるのは、明確化や分析に費やす時間が減ることとなりメディア露出の量に影響を与えるだけでなく質にも影響を与えかねます。逆に更新情報を主に顧客、パートナー、投資家に提供することを目的とすると、メディアへの配信に悪い影響を及ぼすこともあり得ます。
  • プレスリリースのテンプレートは業界ごと、国ごと、そして企業が登録されている場所によって異なるが、幾つか共通する部分もあります。例えば日付線やピラミット型の構造、とりわけファクトドリブン(事実に基づいている)であると、中立的なトーンになります。対照的に、ブログやオンラインエンターテイメントから察するにニュースリリースは標準化されていません。GIFアニメーションの過度な使用(参照:ZDNet op-ed piece)などを例とするより実験的な形態が、ニュースリリースをメディアにそぐわないものにしてしまいます。
  • たとえより柔軟なフォーマットを伴っていたとしても、ニュースリリースは実際のニュースの更新のために確保されるべきです。会社ブログやビデオ、意見記事のためのスライドショー、社歴、製品情報など、その他のコミュニケーションチャンネルを検討するのをおすすめします。

========================================================

執筆者:Business2Community、イザベラ・ワグナー
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。