「OOの日」で ソーシャルメディア に活気を

ソーシャルメディア 上では毎日が記念日のような気がします。

FacebookやTwitterを開くと常に「今日はOOの日」(例:「良い夫婦の日」(11月22日)や「富士山の日」(2月23日)など)のような投稿が目に止まります。

記念日が増えすぎて、今では毎日複数の「OOの日」のような日があるかと思います。7月30日は口紅の日*、チーズケーキの日*、手羽先の日*でした 。8月2日は友情の日*です。ホットドッグの日*の時、私はパートナーに$1でチリチーズドッグがソニックというファストフードチェーンで販売されていることをシェアしました。記念日に食べるのであればジャンクフードも不健康に思われないですよね?

なぜ、私がこのような話をするかと言うと、良くクライアントから何を独自のソーシャルメディアに投稿すれば良いか分からない、との相談を受けます。例えば、アパレルブランドが常にセールや値引きについての投稿ばかりをしてしまうと、コンテンツ自体に「ひねり」が欠けてしまいます。役に立つ情報だったとしても、ビジネス用のページで良く見かける内容ばかりで差別化できません。それでなくてもFacebook上の投稿の閲覧率は下がっています。そこで「OOの日」のようなコンテンツとして有利なものは率先して取り上げていくべきなのです。

「OOの日」をソーシャル上の投稿に取り入れることで、コンテンツに楽しい一面を持たせることもできます。投稿のトーンを変えるのは決して悪いことではありません。アパレルブランドや整体師がホットドッグの日について投稿はしないかもしれませんが、友情の日については誰もが何か関連付けて投稿できるのではないでしょうか。アイスクリームの日*は地域・企業別でアイスクリームを無料でプレゼントする、などのキャンペーンが行われます。貴社がアイスクリームのブランドでなくても、参加できる内容ですよね。

Twitter上では「OOの日」は既にある会話に参加する機会にもなります。自社製品を販売・宣伝するのではなく、単純に会話に参加するのです。自分の好きなアイスクリームの味をシェア、フォロワーの方がどんなアイスクリームが好きかを問いかける、などができます。Facebookではその記念日に関連する話を投稿することも一つの案です。特にFacebookでは企業ページでもその裏で運営をしている人がいるというのをユーザーは分かっています。なので共感できるストーリーを投稿にするのはいかがでしょうか。親近感の感じられる企業に対してはエンゲージメントが高まります。

Pinterestやインスタグラムでも質の良い画像を使って投稿することができます。この二つのプラットフォームを使用している企業はFacebookやTwitterに比べるとまだ少ないです。

唯一、「OOの日」を使用しないプラットフォームはLinkedInになります。LinkedInをFacebookのように使われている方がたまにいますが、LinkedInは「仕事用」のプラットフォームなので、Facebookやその他のチャンネルで共有されるような内容は適していません。

私は主にTwitterを使ってトレンド中のトピックスを検索しています。グーグル検索などで記念日のサイトから面白い「OOの日」を探し出すこともできます。楽しく、共有したくなる記念日を活用して、ソーシャルメディアマーケティングの戦略を活気付けてみてください。

*アメリカでの記念日となります

========================================================
執筆者:Business2Community、デビー・ハリス。
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

データサイエンティストの出現

今年初めに、ホワイトハウスはDJパティル博士を初代のチーフ・データサイエンティスト(Chief Data Scientist)に指名したと発表しました。米国では「価値をもたらすデータ力が高まっている」という主張を掲げて、ホワイトハウスのミーガン・スミスCTO(元グーグル)が、データ主導の決定を下すことが世の中で普及しておりそれは最先端のベンチャー企業や大手テクノロジー企業だけのことではないという考え方をさらに強調しています。

どの分野であれ、企業はそうした時流に乗り社内の専任「データサイエンティスト」となる人物を迎え入れています。LinkedInのジョナサン・ゴールドマンのような人物がこの新たな職種を切り拓いたのですが、ハーバード・ビジネス・レビュー誌はそうしたキャリアを「21世紀でもっともセクシーな仕事」だとさえ称しています。

それでは、最初のドットコムドメインが登録されデジタルデータの堰が切られてからほぼ30年経った今、なぜこうした動きが見受けられるのでしょうか?

企業が生み出すデータ量が急激に増えているのは、誰もが知る事実です。2012年時点で、2.5エクサバイト(25億ギガバイト)のデータ量が毎日生み出されており、その量はほぼ40ヶ月ごとに倍増しています。データ量は増える一方であり、データが生み出されるスピードはさらに加速化していると言えるかもしれません。

それと同時に、このようなデータ急増は増え続けるデータを解明するために求められるツールとスキルが、単に開発業者やマーケティングアナリストが持つツールキットのさらなるツールではなく、専門的な知識や技能になってきたということでもあるのです。

そこで、データサイエンティストの登場です。

データサイエンティストは必要か?

慌てて初のデータサイエンティストを雇う求人広告を明日にも掲載する前に、そもそもデータサイエンティストが必要なのかを社内チームと話し合ってください。

カギとなる問題は三つあります:

  • 大量の既存顧客データ分析に代わるものとして、将来に関する複雑な予測モデルを構築する必要性はあるのか?
  • 独自の複雑なデータインフラを管理する対応力と意欲はあるのか?
  • 貴社データの大半は、ユーザーがウェブサイトやモバイルアプリを利用する際に生み出されているものか?(つまり、貴社ビジネスは主にオンラインベースであり、一度限りの接触ということではなくリピーターのユーザーが関わっているか?)

もし上記質問のうちいずれかの回答が「いいえ」なら、技術に詳しくない貴社のユーザーが日々使える適切な第三者分析プラットフォームを利用する方が良いでしょう。たとえ数多くのユーザーから毎月膨大なデータが生み出されているとしても、第三者ツールを利用すれば自前で所有する総コストよりもまだ安く上がり、貴社の(内部インフラをサポートしなくてもよい)エンジニアリングチームやサポートを受けるため社内チームに教えを請う必要がない営業、マーケティング、製品、オペレーション、カスタマーサクセス等の各チームがともに貴重な時間を費やす負担から解放されることが見込まれます。

それでも、データサイエンスチームを独自に立ち上げることを検討すべきケースが二つあります。それは、1)予測モデルを構築する必要があるか、2)貴社ビジネスの大部分がオフラインである場合です。どちらのケースにも該当し、さらに独自のデータインフラ構築をサポートすることが可能な場合には、データサイエンスチームの立ち上げを検討することが求められるでしょう。

データサイエンティストを雇用する際に注目すべき点とは?

そこで、貴社にとってそうした対応が優先事項だという場合、次に何をすべきなのでしょうか?

これは、新進企業の創設者とフォーチュン500企業CTOの双方からよく訊かれる質問です。アナリティクス分野とデータニーズはあまりにも急速に発展してきたため、貴社にとって最善の採用者が「データサイエンティスト」の職責を以前に務めていなかった場合や、マーケティングやオペレーションのような特定分野での分析業務に従事していたというケースは多々あることです。

個人的な経験と創業者からのフィードバックに基づいた場合、貴社にとって最初のデータサイエンティストを雇用する際に注目すべき点として私が見いだしたのは主に以下のポイントです:

  • まずインテリジェンスとイノベーションを重視せよ。 データサイエンスはまだ目新しい分野であるため、新しい手法にいち早く順応できる抜きん出た人材が必要です。あなたよりも頭が良く、あなたと一緒に大きなことを成し遂げられる人物を見つけ出すことも重要なことです。
  • 分析と統計の豊富な経歴がテーブルステークだ。 履歴書で注目すべき万能な経歴はありませんが、統計学を理解している分析に長けた人物を必ず雇用するようにしましょう。分析ツールやデータプラットフォームを使用した経験があり、求められる仕事での適性を確かめるため物理学やその類の学位を取得している人物を探してください。一部の調査ではこうした専門性を持った人材は今後の数年で不足する可能性があるとされているため、適性人材の発掘には今すぐ取り掛かりましょう。
  • テリトリーではなく、結果に集中せよ。 データサイエンティストとして他の点では素晴らしい候補者であっても、その中には賢明で強固なデータ番人の身に捉われて、技術に詳しくないユーザーにデータツールを託すことができる新しいツールやプロセスの採用を拒む者もいます。私が何回となく目の当たりにしてきた経験では、データサイエンティストが費やす時間はその90パーセントまでもが単に内部データソースのデータクリーンアップやデータスクラブに費やされています。これは、オートメーション化への投資が十分になされておらず、データサイエンティストが技術に詳しくないユーザーを過度に独自対応させることを懸念しているからです。しかるべき採用候補者とは、できるだけデータスクラブを排除し、技術力がないチームに日々の決定を下す適切なツールを委ね、貴社が直面する本当の意味で難を要する戦略的なデータサイエンス上の問題に自ら尽力するような人物です。
  • 社内から採用すべし。 結局のところ、貴社にとって必要なのはデータを解釈する上で貴社ビジネスを理解している人物です。常に選択肢というわけではありませんが、社内の人材を採用するのは貴社ビジネスを理解している候補者を確保するという意味では最善の方法の一つとなり得ます。とりわけ未開拓分野でデータサイエンスを実践することを目標としたオンラインルートの発展に伴い、貴社としては部外者を雇用するよりも時間をかけずに高度な潜在能力を秘めた高い分析力のあるチームメンバーをさらに向上させることもできるでしょう。

データサイエンティストとなるには?

あなたが求職する立場でデータサイエンティストになろうとしているのであれば、検討すべき点がいくつかあります。そこで、経験の浅い駆け出しのデータサイエンティストからそうした質問を受けた際に、私が助言している主なポイントを紹介します:

トレーニングを受ける。 これまでに統計やデータに関わった経歴がない場合でも、学業に戻って求められる勉強をする必要はありません。直接レッスンやウェブベースのトレーニングプログラムなど、利用可能なリソースには様々なものがあります。

コネを作る。  実際にこの職種で食べている人やあなたが知るべきことについて助言できる立場にある人を探して話をしましょう。そうした人物が周りにいない場合は、ネット上で対象者を検索して連絡し話をする機会を設けてください。そうした対応はあまりにも気がひけるという場合は、分析ツールを日常的に使っている人を見つけて彼らが日々取り組んでいることについて理解を深めましょう。

実践する。 この仕事があなたにとって適職なら、早速やってみるしかありません。ネット上には、KaggleやCloudera’s Data Challenges、Topcoderのように現実世界の問題で腕を試すことができるリソースが数多くあります。

========================================================
執筆者:Business2Community、ジェレミー・レヴィー。
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

ベンチャー企業のマーケティング戦略を効率的にする7つの方法

今回、特別にブログに寄稿して頂いたスティーブン・モイヤーズ氏は、オンラインマーケターであり、デザイナー、またテクノロジーに精通したブロガーでもあります。ロサンゼルスに拠点を置くSPINX Digital Agencyと共同で、モイヤーズ氏はオンラインマーケティング、ウェブデザイン、ウェブ開発、ソーシャルメディアを使ったマーケティングなどについての記事を書いています。

もし最近新規事業を立ち上げたのであれば、ご存知の通り貴社のブランドはできる限り多くの露出を必要とします。しかし、そうすることが出来るだけの元手を持たない場合、より資金効率の良い戦略が必要です。幸運なことに、デジタルマーケティングというのはかなり拡張性があります。そのため、多くのリソースを獲得しつつ、効率性・生産性の良い活動を通し、素早く自社の戦略拡大をすることができます。

ブランドの認知度と価値を高める

御社のブランド認知が親しみのあるロゴ、ナレーション、デザインなどで高くなればなるほど、独自のコンテンツを消費者に露出する機会も増え、最終的なコンバージョンへと繋げることができます。

長い間企業が経営をしていれば、自然とその製品やサービスは進化します。しかし、はっきりと認識できるブランドというのはあなたのビジネスの目標において、保険証書のようなものです。

Visaの掲げる”It’s everywhere you want to be”(訳:”あなたが望むどこでも”) という、キャッチーではあるが、曖昧なスローガンでうまくやり抜き、ブランドの価値を構築しようと考えないでください。あなたはまだ、市場の中で十分な認知度を得ていません。新規事業者は説明的かつ、感情に訴えかけるようなシグナルをメッセージに盛り込み、ブランドの認知度と信頼を築かなければなりません。

しかし、今日の新規事業はお金を使わずとも、ブランドの認知度と価値を高めることのできるより、協力な力を持っています。たった一人の若者でさえソーシャルメディアを通し、フォロワーの間で共感を呼ぶ、影響力を持ったブランドを作り上げることさえできるのです。有名なYouTubeスターである、Jenna MarblesとPewDiePieさんは他の多くの俳優や女優より稼いでいます。そして、それは無料であるYouTubeチャンネルから始まったのです。カギとなるのはあなたのターゲットである人々はどこで時間を多く費やしているのか、そしてそのようなプラットフォームを使い、彼らの感情とつながることです。

ツイートやインフォグラフィック 、または動画というものは、オーディエンスの共感を呼ぶことができる力を秘めています。社会的影響を持つということは、あなた方の製品などを信用している既存の顧客たちが、あなた方の製品・サービスを彼らの友人、同僚にオススメをする可能性を高めることにもなるのです。

予算内でのデジタルマーケティングを最適化

新規事業として、マーケティングに何百万円もの投資をする必要はありません。Zillowを例にとってみましょう。今やテレビ広告などに多額の投資をする上場企業です。しかしZillowが事業を開始した頃、一円もマーケティングに費やしていなかったのです。彼らのウェブサイト自体が彼らの製品であり、そのサイトを最大限利用し、サイト自体がマーケティングとして作用しているにしたのです。Eメール、検索エンジン、最適化、コンテンツ開発、そしてPRに関しては、初期の段階においてはそこまで費用はかからないのです。

なので、これらの分野に投資することを考慮してみてください:

ウェブ上での強い存在感

ウェブサイトはデジタルマーケティングの中核です。ウェブサイトがなければ、インバウンドマーケティングをすることができません。ウェブページというのはデータ管理の場所として機能し、企業の成功を左右するものです。またあなたがオンライン上で作ることのできる唯一のものであります。アクセス量を増やすために、ウェブサイトの付加価値をつける方法を探してみましょう。

例えば、Dropboxは、紹介した人への報酬としてあまったストレージを利用しています。またPinterestは、誰もがサービスを利用できるようになる前までは、”紹介を受けた人のみ”という方法をとって、排他的というイメージを作りました。これらの方法は、多額の先行投資をしなくとも、価値を作り出すことに成功しました。

アクセス量を増やす方法に加え、検索エンジンで上位に来るようアップデートをしましょう。これらのくだらなく思えるメンテナンス活動が、継続的に認知度を高め、サイトへの訪問客を増やす源となるのです。

ソーシャルメディア

自分の顧客がどこで多くの時間を費やしているのか調査してください。彼らはSnapchatやInstagram、YikYakなどを好む若者ですか? またはFacebookやTwitterの利用を好む、より上の世代でしょうか?

お金を使い、ソーシャルプラットフォームでの知名度をあげることはいつでも可能ですが、ソーシャルメディアで成功を収めている企業は、こういったメディアをその他のマーケティング活動の延長として利用しています。

ソーシャルメディアというのは信頼性を作り上げる自然な関わりであり、収益を生み出すものでは決してありません。Dollar Shave ClubがどのようにYouTubeを利用し、Red Bull、Oreoのような企業がどのようにハッシュタグキャンペーンを通して話題を作りあげたのか考えてみてください。どの世代の人の今やソーシャルメディアを利用しています。新規事業にとって有益なフォーラムとなるのです。自分のユーザーがどんなサービスで多くの時間を費やしているのかを知りましょう。

自信の人的ネットワーク

どの起業家もブランドキャンペーンになる必要があります。また、どんなビジネスオーナーも情報を公開しなければなりません。グラスルーツマーケティングはとても効果的です。なぜなら自身の人的ネットワークを駆使して利益を生み出します。ほとんどの企業はこの方法を使っています。ソーシャルメディアにアクセスし、友人や昔のクラスメイトに連絡し、LinkedInへ行き、プロフェッショナルなコネクションをおおいに利用し、あなたの家族にも一緒にやるよう促しましょう。

第三者目線の製品レビューであれ、ソーシャルメディア上でのコンテンツのシェア、オンライン上で自分の会社について話すことでもなんでもいいので、ブランドをプロモートするための何かを社員にさせましょう。

人と人とのネットワークが生み出すものは、一人の人がやるどんなものよりも、何百人も多くの人へ届く可能性を秘めています。

コンテンツ

コンテンツは、デジタルマーケティングにおいて必須です。スライドショーやクイズ、調査、ブログ、ビデオ、記事やインフォグラフィックでもなんでも、どのコンテンツも自社の拡張機能となるようになるよう十分な時間を割きましょう。これまで成功してきた企業がどんなコンテンツを利用してきていたのかを考えてみるのも良いかもしれません。

例えば、ターゲットが大企業であったとしても、そのホリデーマーケットキャンペーンはデジタル、または既存のプラットフォームを通してストーリーを伝え、感情的なコネクションを生み出します。新規事業者も、規模は小さくなりますが同様のことができ、ブランドの認知度を高めることができます。

顧客と関わりを持つ

デジタルマーケティングの素敵なところの一つは、企業がお客さんと個人的な関係を作り出すことができる力です。企業というのは生き物なのです。GoogleやLego、Uberなどが彼らの競合相手より優れているのは、顧客と協力な関係を作り出しているからなのです。

顧客との関わりを持つことに成功している企業は、感情的な関わりを作っています。彼らは、顧客からのフィードバックに素早く、そして公的に対応しています。彼らは自分たちのユーザーが何に価値を見いだすのか理解しています。新規事業主たちも、このような素早い対応と、オンライン上で顧客の経験を共有することによる大きな成功を真似ることができます。

モバイル・アプリマーケティング

多くのスタートアップがアプリ中心のサービスを提供することに焦点を当てているため、AppleやGoogleのアプリストアで認知度を獲得することはマーケティングにおける最高の成果を得ることができるでしょう。あなた方が提供するサービスを求めている人が、ちゃんとあなた方のアプリを手に入れられるようにしましょう。Google Playには1,600,000ものアプリがあり、Apple Storeには1,500,000を超えるアプリが存在しています。アプリストアを最大限有効に利用できるように、キーワードや、アイコン、説明書きやスクリーンショットを付け加えたりして、ユーザーにダウンロードしてもらえるようにしましょう。

Eメール

メールは未だに多くの見返りをもたらしてくれます。多くのオンライン上のユーザーは、一日に何度もメールのチェックをします。また、多くの人はモバイルを利用しメールのチェックをします。イーコマース会社は特に、他のどんなマーケティング法よりもEメールでのマーケティングに投資をします。これはとても賢いやり方です。

少ない予算の中で、Eメールマーケティングというのは、自社のキャンペーンに対するユーザーからの反応を管理することが可能なプラットフォームであるということがわかるでしょう。ウェブ購読のフォームを付け加え、顧客とのつながりをもてる基盤を作りましょう。そして、いくつかの最新のブログ記事へのリンクやプロモーションを強調した、ニュースレターを送りましょう。

マーケット

世界はあなたの意のままです。人とのつながりも活用可能であるし、情報の断片でなくニッチな情報を探し求めるのに、データを活用することに焦点を当てることも可能です。

しかし、どのビジネスも異なるものです。いくつかの戦略を試してみて、どれがうまく自分たちに作用するかを見比べてみましょう。もしデジタルマーケティングだけに投資をするのであれば、ウェブサイトに力を注いでください。それ以外のものに関しては、大きく会社が成長するまで、自分たちでどうにかできるものばかりです。

========================================================
執筆者:ReadWrite、スティーブン・モイヤーズ。
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。