コンテンツマーケティング をリサイクルする三つの方法

コンテンツマーケティング の需要が落ち込むことは全くなく、そうした動向は今やマーケティングの取り組み全体に及んでいます。マーケティング関係者は、このような動きに遅れをとらないため、どのような方法で対処すればいいのでしょうか?

たとえコンテンツクリエーターの揃った理想的なチームであっても、コンテンツマーケティングそれぞれのニーズとチャンネルでオリジナルのものを開発するのは難題となりがちです。そこで、解決策の一つとなるのが再利用です。マーケターは、今あるコンテンツを利用し、それにひねりを加えて、新たなチャンネル向けのコンテンツを生み出すことができるのです。  これが予算や人材のリソースに負担をかけずにコンテンツチャンネルを満たす最も効率的な方法の一つです。そこで、貴社が独自の「コンテンツリサイクル」プログラムを実施する上で役立つ三つのステップをご紹介します。

ステップ1:監査を実施する
貴社の既存コンテンツの棚卸しをします。たいていの場合は、再利用できるものが既にこれほど多くあるのかと驚くことになるはずです。利用可能な一般的ソースをいくつか挙げてみましょう:

  • ウェブサイト
  • 製品情報シートおよびその他の販売用資料
  • ケーススタディや「お客様の声」のようなフィードバック
  • トレーニング素材およびビデオチュートリアル
  • 所有財の調査・検分
  • プレスリリース
  • ダイレクトメールキャンペーン
  • 既存のニュースレター記事

ステップ2:計画を見直す
コンテンツの予定を立てながら、コンテンツの在庫を常に念頭に置きます。コンテンツの予定上ですでに既存のもので対処される話題は何でしょうか?つながりに注目して綿密な計画を立てましょう。

例えば、個人情報保護に関するニュースレター記事を予定しているのであれば、貴社ウェブサイトのセキュリティー情報を基にはできないでしょうか?秋シーズンのファッションに関する一連のソーシャルメディア投稿キャンペーンを考えているのであれば、製品情報シートや最近のコマーシャルを利用することはできませんか?

各既存コンテンツに関して、また貴社でこれから生み出す新規のオリジナルコンテンツに関して、再利用が可能な異なる方法を3つから5つ見いだしてください。こうした対応により、貴社におけるコンテンツ開発の効率性はさらに高まるでしょう。

ステップ3:編集を加えて再利用する
これで、貴社が目標とする予定の話題やチャンネルにふさわしいものとなるよう、確認した既存コンテンツに手を加える準備が整いました。

例えば、トレーニングビデオを顧客の目に触れるブログで再利用する場合は、顧客に好印象を与えるようなナレーションや用語に調整する必要があります。ウェブサイトのコンテンツをインフォグラフィックに転換するのであれば、最も魅力的なポイントに磨きをかけて意味のあるグラフィックスを追加することが必要です。

コンテンツの作成をより簡単に
そうとはいえ、コンテンツを再利用する際には慎重に考慮した計画が求められ時間がかかります。それでも、マーケターが再利用の機会を事前に探り始めるにつれ、コンテンツマーケティングの需要を満たすのは以前のような難題ではないことに気づくはずです。

========================================================
執筆者:Business2Community、サンドラ・グダット。
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。

Meltwater と DataSift の新たなパートナーシップ

この度、当社はヒューマンデータインテリジェンス分野をリードする DataSift と新たに情報共有パートナーシップ関係を結び、Facebookに関するデータ提供を拡大することになりました。この新しいMeltwaterサービスは、Facebook上で人々が話題にしている特定の活動、イベント、ブランド名などのテーマについて、オーディエンスレベルの知見を提供するように設計されました。サービスには、分析用の豊富なメタデータの他に、コンテンツ、トピック、ハッシュタグ、リンクなどのフィルタ属性が60種類以上含まれています。さらに、すべてのデータには性別、年齢、場所などのデモグラフィックデータが添付されています。マーケティング担当者はこの情報を、Facebookや他のチャネルでのマーケティングの方法について、よりよい意思決定をするために使用できます。

このパートナーシップにより、それぞれの顧客や見込み客がどんなイベントに興味をもちFacebookで反応しているのかを知ると同時に、関わっているブランドや追っているトレンドを探し出せるようになります。話題データは世界139ヶ国に関して、11言語で利用可能です。

クライアントの皆様は匿名性を保護しながら、Facebookのネットワーク全般にわたるすべての投稿、コメント、いいね!のインサイトを利用することができます。そのため、企業として、そのオーディエンスが自社ブランドや製品、競合他社、業界について共有している内容や、彼らにとって最も重要なことを知ることができるのです。こうしたことはすべて、Facebookでの利用者プライバシーを尊重し、かつての対応力をはるかに超えた規模でデータを生み出しながら実現されます。豊富な外部のインサイトは、貴社が成長していく上で必要とするビジネス戦略の形成に役立ちます。

Meltwaterプラットフォームでは、このように充実したデータセットをすぐ利用することができます。現在、当社はこのデータセットを用いた最初のデモ実施を計画しています。

PRにおいてのROI測定

Meltwaterでは、広告換算(AVE)やThe Barcelona Principleに沿った様々な測定法を含む数多くの方法を通し、マーケティングやPRの専門家の方々がROIを測ることを可能にします。私たちはPRとは日々発展しているものだと考え、もちろん、それに合わせROIを測定する方法も進化するものだと考えます。

24,000を超えるクライアントの方々は、日常業務の中で私たちのテクノロジーを使用して頂いています。Meltwaterはテクノロジー供給者として、クライアントの方々の必要に応じ、解決方法を確立するために必要とする柔軟性というものを顧客へ提供することに力を注いでいます。これは他のメディアインテリジェンス供給者の間での共通テーマだと考えています。
様々な測定方法についての刺激的な議論を楽しむ一方で、Meltwaterは何事にもとらわれないままであることを意識し続けています。これにより、クライアントの方々は、独自のビジネスニーズに合う最適な測定法を採用することができます。