もしあなたが コンテンツ マーケターなら、あなたは心理学者であり、ライターでもあり、さらにはクリエーターでもあるといえます。人々が望むものが何かを知っていて、人々がどのように考えるかも知っているからです。記事に(そして記事を通して)人々を引き寄せる書き方を知っています。そして、あなたは常にインスピレーションを探しています。つまり、あなたの脳は絶えず働き続けているということです。

あなたがどんなブランドで働いていようとも、コンテンツライターは皆、最終的にどんなアイデアも価値のないものに見えてしまうという状況に至ります。インスピレーションが沸かなくなり、創造力も、感激する心も無くし、こう言うのです。「かつてのような自信に満ちたライターに戻れるのだろうか?」と。

答えは断固として「イエス」です!あなたは、まだその自信あふれるライターであり、新しいインスピレーションを掻き立てる何かが必要なだけなのです。ではその方法をここで紹介します!

基本に戻る

もしあなたが、空白のスペースを埋めるためだけに、機械のように記事を書き続けていると感じるのなら、あなたはコンテンツ制作の本質を忘れてしまっています。そもそも、なぜ自分は記事を書いているのかを思い出してください。

人の心を捉えたい

評価指標を無視して素晴らしいコンテンツは書けません。もっとも多くトラフィックを獲得した記事はどれですか?ユーザーとの対話(例えば、コメント数や内部リンクのクリック数)がもっとも多い記事は?指標はトピックの種類によって左右されていますか?それとも高い指標を示すのは、特定のスタイルで書かれた記事ですか?特に印象的なタイトルや興味深いアイデアが書かれていましたか?記事を書くときはいつでも、これらの成功事例を心に留めて、それに基づいてコンテンツを最善なものに仕上げていきます。

感動を呼び起こしたい

ユーザーの興味を引いたら、次にあなたは彼らに何かを感じて欲しいと考えるでしょう。それは、興奮、モチベーション、勇気、自尊心、満足感、あるいは信頼の気持ちかもしれません。ユーザーがあなたの記事を読んだ時にどう感じて欲しいのかを考え、その気持ちに訴えます。あなたの中の心理学者が姿を表すのは、まさにこの場面です。

結果を出したい

記事の成果を測定する方法は、100通りはあります。受けたトラフィック数、通過トラフィック数、ニュースレターの申し込み数、コメント数、購入数などです。自分の目標を把握し、その方向にユーザーを誘導します。

人の心を捉える。感動を呼び起こす。結果を出す。あなたならできます。

記事について話をする

頭の中で行き詰まりを感じていますか?無駄なメンタルサイクルから抜け出すための一番良い方法は外に出ることです。オフィスから抜け出して、誰かに(誰でもいいです)記事の話をしに行きましょう。

なぜかって?話をすると、頭の中の混沌とした中途半端な考えを言葉にして整理せざるを得ないからです。時には、もがき苦しんでいた部分を声に出しただけで、あなたは突然話すのを止めて、「気にしないで!何を書けばいいのかわかったから行かなくちゃ!ありがとう!」と言い残して立ち去ることになるでしょう。そこには、困惑した友人とインスパイアされたあなたがいるのです。

話すことによって、あなたのオーディエンスについてのインサイトを得ることもできます。たとえあなたの友人が記事のトピックについて何も知らなくとも、アドバイスを求めましょう。知識も経験もない人(潜在顧客の場合があります)の視点は、あなたのオーディエンスにリーチするためのもっとも効果的な方法を示してくれる可能性があります。

壊す、書き留める、中身を付ける
壊す

過去のコンテンツに目を通します。特にもっとも成果を出した記事を見てください。新しい記事に発展できそうな要素はありますか?もしそうなら、それを書きましょう。また、読者がサイトに滞在してより多くの情報を得られるように、互いの記事にリンクを付けることを忘れないでください。

書き留める

期限付きの真っ白なドキュメントを目の前にしながら、アイデアを考えるのは難しいことです。ですから、生活を送るなかでアイデアを書き留めておきます。一見関係のないように思える経験から、アイデアを思いつく場合もあります。例えば、Facebookの投稿、耳にした会話、ニュース記事などです。そして、実際の生活からインスパイアされた記事は、オーディエンスの共感をより多く得ることができます。

中身を付ける

過去の記事を壊してアイデアを探しました。立ち聞きした会話を書き留めました。そして、アウトラインを書き、原稿として中身を付けて、写真を追加し、見栄えよく仕上げます。

その他のリソース
  • 評判の良い学術系ウェブサイトを検索します。新しいアイデアや優れた情報源の数々を見つけることができます。Google Scholar、Jurn、そしてRefseekをチェックしてみましょう。
  • Quora、Yahoo!知恵袋、またはcomで、あなたのトピックに関連した質問はどんなものがあるかをチェックしてみましょう。
  • Crayonなどのサイトで、あなたの市場に直接関係するアイデアを見つけましょう。また、Social Mentionを利用して、Facebook、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアサイトで、どんなことが話題になっているかを調べてみましょう。

ここからのやり方は知っていますね。コーヒーを飲むのです。そして、あなたのトピックについて既に書かれていることを探して、独自性のあるものを提供しましょう。ストーリーを語り、著名人を引用し、優良サイトへのリンクを付けます。狂ったようにGoogle検索しましょう。あなた自身のトピックを持ちましょう。そして、今までもそうであったように、素晴らしいコンテンツライターになりましょう。

インスピレーションを与えるようなコンテンツはまた、インフルエンサーを獲得し、あなたのメディアリーチを拡張するための素晴らしい方法でもあります。

========================================================
執筆者:Business2Community、ジョナサン・オヘイヨン
掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。