大きな船は必要ない—ビッグデータの 海で方向性を見いだす

現代的なコンテンツソースの社会的相関性は、ポジティブな面として、メッセージ拡散効果を生み出し、マーケティング担当者に素晴らしいアーンドメディアを提供していますが、ネガティブな面として、良いものがありすぎるという状況を生み出しています。周りにあるものの意味を理解するための適切なナビゲーションツールがなければ、混沌とした会話の海の中で迷子になってしまいます。

質はシンプルだが簡単ではない

紙でできている物に書かれたメッセージを作成・使用していた時代に、個人のローロデックス(回転式名刺整理器)が広報専門職の間で重宝されていた理由はシンプルです。やみくもにリリースを通信社に送ったり、メディアのデータベースに投げ込んだりするよりは、ターゲットを絞った質の高い情報のやりとりを行う方がエンゲージメントにつながる可能性が高かったためです。

このような視点でコミュニケーションを捉えると、実際にはあまり大きな変化はありません。テクノロジー主導型のメディアを制する鍵となるのは、適切な場所で適切な人々と行うべき適切な会話を、現代的なメッセージング は、データ主導型で、ソーシャル,であり、エンゲージメントが成功の鍵.

であることを理解しています。

シンプルに聞こえるのは、シンプルなことだからです。しかし、必ずしも簡単ではありません

データではなく答えが必要

ソーシャルで勢いづいた今日のコミュニケーションのエコシステムにおいて、マーケティング担当者の主たる課題は、機会が生まれる場所と同じところ、すなわちビッグデータから派生しています。私たちは、混沌とした、延々と続く会話のエコシステムの中心にいます。自分の位置を知るためには、メッセージ全体の水平線を見渡す高い視点と、重要な人々と場所に照準を定める能力の両方が必要です。私たちがどこに向かっているのか、その理由、そして誰がそこにいるのかを理解することによって、私たちのメッセージを拡散する質の高いカンバセーションの中の、適切な人々にエンゲージする可能性がはるかに高まります。

このことを念頭に置くと、広報およびマーケティングの武器倉庫における最も重要なツールは、洗練されたコミュニケーションサーチエンジンです。

伝えるべき情報をピンポイントで示したり、ビジネスの取り組みを支援するツールがなければ、探したい情報が太陽光発電について昨年肯定的な記事を書いたシドニー大都市圏在住のジャーナリストであろうと、世界的な代替エネルギーのトレンドに関する高度な見解であろうと、無駄な労力を費やすだけです。

強力なコミュニケーションサーチエンジンが、現代のメッセージング活動において有益であるのは、コミュニケーションのエコシステムにおける無数のコンテンツソースを一度に分析するという、一般の人には成し得ないことを行うことで、以前は難しく時間がかかっていた質問にマーケティング担当者が答えられるようになるためです。

  • 最近3年間で、ヒューストンにおいてバイオディーゼル燃料について肯定的な記事を書いたジャーナリストがいるか。
  • 顧客は当社についてどのようなことを言っているか。
  • このメッセージを発表するにあたり最善の場所はどこか。
  • エンゲージする価値があるインフルエンサーはいるか。
  • 当社の業界の一般的なトレンドは。
  • 競合他社は、各地域でどのような位置付けにあるか。

適切な会話は進むべき道を示す

テクノロジー主導型メディアのための、スマートかつデータ主導のデジタル・ローロデックスは、会話の内容をもとに人々を判断します。現代のコミュニケーションのエコシステムは、会話によって活気づけられており、そのような会話は誰でもどこでも始めることができます。私たちにとって適切なインフルエンサーは、ジャーナリストである可能性もあればブロガーである可能性もあります。場合によっては、関連性の高いソーシャルコミュニティの小さいけれども忠実なフォロワーである、たった1人のブランド支持者ということもあり得ます。

さらに、世の中に無数にあるコンテンツソースの全景は、情報に基づいた、データ主導によるビジネス上の決定のためのインサイトをもたらしてくれます。私たちをとりまくデータの海をナビゲートすると同時に方向性を定めてくれるツールがあれば、果てしない情報の海を漂流することはありません。

あるいは、古いことわざを言い換えてみましょう。船の大きさは問題ではありません。ビジョンの所在と的確さに重点を置くことが大切なのです。