モバイルマーケティング に注目が集まっています。デジタルマーケターである私達にとって、モバイルマーケティングの話題を耳にしない日はほとんどないでしょう。しかし、それには理由があります。

  • 検索の50%以上がモバイルから実行されています(eMarketer)
  • Facebookへは、ユーザーの87%がモバイル端末からアクセスしています(Facebook)
  • ディスプレイメディアの60%がモバイル端末で展開されています(eMarketer)
  • Eメールの66%がモバイル端末で読まれています(eMarketer)

モバイルは引き続き、最大の成長機会をブランドにもたらします。しかし、このブームに乗るのは容易なことではありません。モバイルで成功するには、ランディングページの最適化、新たなクリエイティブの構築、メッセージングの強化、企画と予算の収益化を図るための相当なリソースを必要とするからです。

しかし、ブランドはモバイルを駆使していかなければなりません。それにはリソースが必要です。これら必要なリソースを獲得するのになんらかの力となるよう、なぜモバイルマーケティングが今なおブランドにとって最大の機会であるのか、その主たる理由を3つご紹介します。

モバイルコンバージョンとデスクトップコンバージョンは同一ではない

モバイルマーケティングキャンペーンを実施する上でまず留意しなければならないのは、モバイルコンバージョンとデスクトップコンバージョンは同一のものではないという点です。デスクトップ端末におけるコンバージョンは、ショッピングカートのチェックアウトやフォームの記入をはじめとするオンラインコンバージョンであることが往々にしてあります。しかしモバイルにおいても、消費者の意識が「発見」と「今すぐ知る必要がある」という2つの段階にあれば、モバイルコンバージョンを促す機会は増大します。

消費者は、携帯電話を使ってオンラインで新しいブランドや商品を探し出し、エンゲージしています。Googleが2016年を「スーパーショッパー」の年と名付けたのはこのためです。消費者が自ら大量の検索を行えるようになったという事実は実のところ、ブランドに競争力を与えます。なぜならば、消費者についてはもちろん、消費者がいかにチャネルを超えて、またデバイスを超えてエンゲージしているかを、ブランドはより理解できるようになるからです。

追跡すべき新しいモバイルコンバージョンは、アプリのダウンロード数や利用状況の指標、Eメールのサインアップ数などがあり、その中でも最も重要なのが電話(コールコンバージョン)です。これらのコンバージョンは、クリックするだけで簡単に企業に連絡を取ることができるため、モバイル端末で一般的に用いられているものです。モバイル端末上でフォームの記入をお願いする時代は過ぎ去ろうとしているのです。消費者がスマートフォン上であなたのブランドを見つけた時にすぐに電話へコンバージョンできる機会を提供するようにしましょう。

BIA/Kelseyは、モバイル広告の成長に伴い、2016年に1,080億であったコールコンバージョン数が2019年には1,620億まで増加すると推計しています。もしあなたが、コールコンバージョンをモバイルキャンペーンの成果であると見なしていなければ、モバイルキャンペーンの真の成果を測ることはできないでしょう。

新たに市場シェアを獲得する

モバイルマーケティングキャンペーンは、新しいコンバージョンの測定を可能にするだけでなく、新たな市場シェアを獲得する機会をももたらします。消費者は、モバイル端末での検索にブレーキをかけません。だからこそ今年は「スーパーショッパー」の年であると述べました。消費者のロイヤリティは、モバイル検索により高まります。Googleの試算によると、モバイルショッパーの76%がモバイル検索を行った後、購入する店やブランドについて考えが変わるとしています。

トントン。チャンスがドアをノックしています。モバイルマーケティングキャンペーンを実施することで、現在の顧客行動の測定だけでなく、さらなる市場シェアを獲得できる機会を得ることができます。ただし、モバイルに最適なマーケティングキャンペーンであること、そしてモバイルコンバージョンの追跡を徹底しなければなりません。

広告型式を拡張する機会

モバイルマーケティングキャンペーンの立ち上げと最適化は、現在のデスクトップキャンペーンの単なる拡張ではありません。むしろ、モバイルマーケティングキャンペーンは、デスクトップキャンペーンが有していない新たな広告型式へのドアを開きます。たとえば、Facebookの提供するローカル意識向上キャンペーンでは、ワンクリックで道順を検索したり電話をかけたりすることができます。この広告型式はモバイル端末でのみ展開可能です。

その他のモバイル専用広告型式は、モバイル専用のInstagram広告、モバイル専用のディスプレイ広告サイズ(320×50など)などがあります。Yahoo Geminiはモバイル専用ですし、もちろん、クリックトゥコールやクリックトゥテキストコールは、モバイル専用の広告表示オプションです。

モバイル端末では、標準検索、ソーシャル、ディスプレイ広告の実施だけでなく、その他の広告型式でリーチを拡大することも可能です。これにより、デスクトップ専用キャンペーンでは得られないリーチと市場シェアの拡大が可能となります。

本記事はDialogTechに掲載されたものです。

========================================================
執筆者:Business2Community、Kelly Schultz
このブログへの掲載はNewsCred出版者ネットワークから許可を取得しています。