経営者であるあなたは、ビジネスのトップリーダー。企業の鍵を握る人物、企業のトップ、企業の仕切り役などと呼ばれ、あなたにとってビジネスは、やりがいそのものでしょう。それなら、ソーシャルメディアに力を注がない理由は何ですか?

収集されたデータによると、リーダーやシニアマネージャーがソーシャルメディアのアクティブユーザーであると、企業が提供するサービスに対してポジティブな反応が得られやすくなり、ブランドの評判が向上していることが分かりました。そして、更に、従業員の仕事に対するやる気と情熱が増加することも分かりました。面会する機会を気軽に設けられることで、CEOの存在を身近に感じることや、企業がソーシャルメディアを通して、従業員からブランド支持を集めることにより、離職率が減少し、優秀な人材獲得の機会が増加するのです。

こんなに都合がいいことばかりなら、何も躊躇う必要なし!

それでは、ソーシャルメディアへの参加、利用方法、そしてをマスターする簡単なコツをご説明しましょう:

1. 自分の声を磨く

企業のリーダーとして、まずは自分独自のブランドを’’生み出す”ことが必要です。企業ブランドに結びついた物でありながら、個人のテイストを盛り込んだ物が良いでしょう。世間の人々があなたと繋がりを持ちたい理由は、ブランドチャンネルで既に配信済みの情報を、繰り返し聞くためではありません。

企業のトップから限定公開される情報を待ち望んでいるのです。新しいサービスを立ち上げた時には、ソーシャルメディアのブランドアカウントで、サービスの利用方法等を説明をすることができます。ですが、コミュニティに参加している人々は、商品化に至った経緯、または新商品が今後の新しい企業方針に、どのように関連するのか、あなたの個人ソーシャルアカウントで説明されることに期待を膨らませているのです。

  1. ソーシャルメディアとコミュニケーションの役目を理解する

どんなに急いでいたとしても、スペルミスや疎かなコメントをする様なCEOではいけません。小さいミスが大きな広報失態と成り得ないのです。今現在は、時間に余裕がないかもしれませんが、 一度ソーシャルメディアの世界に飛び込めば、どれだけの仕事量があるのか身をもって体験できるでしょう。

それ故に、その分野のエキスパートチームに、ソーシャルメディアの心得について教育をしてもう価値があるのです。ソーシャルメディアへ何かを投稿する前に、内容を自分で見直ししたり再確認できる様に、投稿日カレンダーを作成してもらいましょう。ブランドメッセージを交えた投稿を目指しながら、定期的な間隔で投稿を作成し、ちょっとしたプライベートな話をシェアしたり、投稿をリツイートして、同僚達にも会話に参加してもらいましょう。物事を習慣化させるには、実際に行動に移す必要がありますが、カレンダーやシステムを設ければ、面倒な課題というよりもむしろ、自然と気軽に投稿できるようになるでしょう。

3. 危機に備える

同様に、ソーシャルメディアのエキスパート達が集まる環境に身を置くことで、危機に直面しそうな事態でも(した場合も)、うまくいけば、適切なコンテンツを準備しておくことができるかもしれません。クラシス・コミュニケーション最新のブログアクションプランの準備は、ぜひとも読んでみてください。

理由1で説明したように、必ず自分の声を使うことを覚えておきましょう。ステートメントや詫び状が準備段階の場合は、情報提供や告知が不十分にならないよう配慮しなければなりません。そこらじゅうにある業界用語を並べるのは、絶対に禁止です。世間の人々がリーダーに対して求めているのは、危機問題への正しい理解、直面している危機に対し(必要ならば)心から謝罪すること、そして、どのようにして次なる対策や対応を取っていくかに関する説明に高い関心を寄せているのです。

4. 会話の輪に入る

会話に参加するには、まず相手の話を聞くところから始まります。力仕事は全てMeltwaterのエグゼクティブ・アラートを使えば心配ご無用。場所の名称やキーワードを入力すれば、自分にとって重要な会話を常に把握することができます。

ソーシャルメディア上で起こっていることを把握し、ブランドや、あなた自身に関する評判の声を知ることで、権力のある地位に就くことができ、内容の濃い会話を楽しむことができるできます。顧客からの好意的なコメントをリツイート/シェアし、ブランドに対して寄せられた不満や指摘等への返信ができたり、そしてもちろん、同業界のリーダー達と交流することもできるのです。

5. 最高の模範となる人物はソーシャルメディアにあり

あなたは、どちらかというとビジュアル・ラーナー(視覚的な情報を使って学ぶ人)タイプですか?ソーシャルメディアに長けている有名なCEO達に加わり、一つでも多くのテクニックを身につけましょう:

ここまでで、ツイートやインスタを始めるべき理由をご理解頂けたと思います。それでは、早速始めてみましょう!