毎回ログインするたびに終わりのないツイートの流れに直面し、読むよりも早く新しいツイートがタイムラインの上に表示されるツイッターには時として圧倒させられるときもありますが、PRのプロとして、他のツイッターユーザーとエンゲージするためにツイッターを使わなければいけないことは分かっていると思います。しかし、たくさんのノイズから関係のあるカンバセ―ションを見つけ出すのはかなり手ごわくもなります。今日は、どのようにツイッターリストを使ってツイートされた内容を管理し、貴社のPR活動に直接影響を与えることができるツイッターユーザーとエンゲージできるかについて共有したいと思います。
でもまずは・・・

ツイッターリストとは?

ツイッターリストは似たようなユーザーをまとめることができるツイッタユーザーのグループのことで、そのグループ内のツイートだけをまとめて見ることもできます。例えば、私のお気に入りのライターや媒体をまとめたソーシャルメディアブログとブロガーのリストを作ってあるので、自分のツイッターアカウントからシェアするのに適したコンテンツを探す時に簡単に彼らのツイートにアクセスすることができます。

あなたのツイッターリストは他人に見られたいかどうかによって、公開にも非公開にもできます。もしあなたのリストに入っている人たちに彼らがスーパースターだということを知ってもらいたいのなら、公開するのはとても良いアイデアでしょう。リストに追加された人にはあなたがリストに追加したことが見え、他の人はそのリストを購読してあなたが選んだ人からのツイートを受け取ることができます。顧客やメディア関連の付き合いがある人などのような競合に見られたくない情報がある場合は、非公開のツイッターリストの方がよいでしょう。

ツイッターリストを作るにあたってのアイデア

  1. メディア関係者:最近の貴社が掲載された記事を見て、その記事を書いたジャーナリストを“メディア関係”のリストに追加し、貴社のビジネスについての記事を書いてくれたジャーナリストとの関係を維持しましょう。彼らの通常記事を書く内容が貴社の記事に関連する内容だとすると、会話にエンゲージできる内容や、あなたのオーディエンスと共有できるコンテンツも豊富にあるはずです。メディア関係者との関係をこのように継続することで、あなたが記事にしてほしいストーリーがある時や、彼らが記事を書いているときに信頼できるエキスパートとしてすぐに思い浮かべてもらえます。
  2. I業界ジャーナリスト:競合の最近の露出記事や最近の業界ニュースを検索し、それを書いたジャーナリストを別のリストに追加しましょう。ジャーナリストとも会話にエンゲージするでき、あなたのフォロワーに共有できる関連コンテンツをたくさん持っており、まだ会ったことのないジャーナリストとの関係を築く手伝いにもなるでしょう。また、このグループを地域、関心、過去のやりとり(友好の深いメディア関係者)などでいくつかのグループに分けておいてもいいかもしれません。さらに将来ピッチしたい特定の話題用にリストを作っておいてもいいかもしれません。例えばIPOを控えているとすると、あなたの業界でのIPO関連の記事を書いたジャーナリストをターゲットにしたいはずです。ツイッターから関係をつくり始めることで、あなたのピッチがより歓迎されるかもしれません。ツイッターでジャーナリストに付加価値を提供し、事前に関係を築いておくことを忘れないようにしましょう。
  3. 業界ブロガー:最近では誰でも情報発信ができるようになり、彼らにジャーナリストのように接することで、あなたのストーリーをターゲットを定めて露出するのに有利になります。業界のジャーナリストに関してはこのグループを彼らが取り扱うトピック、イベントで話をするブロガー、どの地域で活動しているか等、もう少し細分化した方がよいかもしれません。これを行うことで、コンテンツの流れを焦点を絞ったものにでき、リストのツイッターユーザーを交流するのかより簡単になります。

ツイッターリストは作ったものの、どうやって使えばいいのでしょうか。

全てはエンゲージメントです。定期的にツイッターリストを見てあなたのフォロワーに向けてツイートに返信したり、リツイートしましょう。特にネットワーク内で専門知識を持った人を探しているジャーナリストやブロガーは注意を払いましょう。ジャーナリストがストーリーに関してさらに情報が必要なときに頼れる人物になる手助けをしてくれます。それに加えて、コンテンツのリーチ数を上げたり、記事のソースを提供したりしてジャーナリストやブロガーへの価値を高めることも忘れずに行いましょう。オンライン上で意味のある関係を築くことでこれから何年もお互いに恩恵をうけることができます。