日本では4月12日頃から話題になり始めている最新のSNSチャンネル「マストドン」。

マストドンとはTwitterに似ている短文投稿型のSNSと言われており、投稿には500文字の制限があります。「マストドン」についての詳しい解説はこちらの記事をご参照ください。

今回はマストドンが他のSNSと比較した際にどれだけ話題になっているか、などを分析したいと思います。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムとマストドンをニュース記事の露出で比べると、マストドンの話題は少なく、他のSNSとは比べものにならないのが分かります。

検索期間:2017年4月20日~2017年4月26日

しかし、SNS上の露出を比較すると:

マストドンの露出が圧倒的に高く、シェア・オブ・ボイスも同様なのが見られます。

検索期間:2017年4月20日~2017年4月26日(露出、シェア・オブ・ボイスどちらも同じ期間)

過去1ヶ月の露出と比較をしても、4月12日以降、SNSでの露出が急激に増えているのが分かります。

最新SNSとして注目されているマストドン、話題性も他のSNSを上回り、今後どのように広まっていくかが楽しみですね。

============================================================

分析対象のソーシャルメディア、ネット記事分類は以下の通りです。

  • ソーシャルメディア:Instagram, Twitter, Facebook, YouTube, ブログ、製品レビュー、フォーラ ム(掲示板。具体的にはログ速、お悩み掲示板等。)、コメン ト(ニュース記事やブログなどにされているコメント)で公開されているもの
  • オンラインニュース:全世界で250,000媒体、日本は6,000媒体。五大紙(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、産経新聞)のネットニュースを含みます)