今回のブログのネタ探しをしている時、季節感のあるトピックがいいなと思い「お花見」や「花粉症」などが浮かんだのですが、もう少しヒネりのあるものがないかな、と思っていたところ見つかったのが「エア花見」でした。

3月27日に更新された「さくら開花予想」によると、関東の満開予想日が遅くなり、4月2日(日曜日)が現在の満開予想日となっています。週末の間も雨や寒い日が続いていたので、「花見」や「さくら(桜)」などのSNS上のキーワードを検索した際にどのようなキーワードが関連して出てくるか、などをダッシュボードのトレンドフレームで可視化しました。

検索期間:2017年2月27日〜2017年3月28日

やはり、季節を連想するような「春」であったり、さくらに関しては限定商品を発売している「スタバ」などが関連トピックとして出てきます。ですが、上記だけだとありがちになってしまうので、(週末の間寒かったということもあり、)今度は「花見」ともう一つ「室内」というキーワードを検索しました。

*検索期間はダッシュボードフレームで調整しています。

そうすると、下記のような関連キーワードが出てきました:

ここで出てきた「エア花見」というキーワードは私にはまだ馴染みのないものでした。
調べたところ、エア花見とは室内でお花屋さんで購入した桜を飾って見たり、桜の写真を投影したりするなどで花見気分を味わうことです。寒くない、場所取りなどが必要ない、などのメリットがあり、朝の報道番組で取り上げられたことから話題になっています。
コンテンツストリームでニュース記事を検索すると、過去一ヶ月で98件の記事が掲載されており、下記からも見ていただける通り、キリンはハッシュタグキャンペーンを打ち出しているのも分かります。

昨年と今年のキーワード露出を比べても、一目瞭然で「エア花見」(青線)は昨年は全く話題になっていなかったのが分かります。
2016年:

2017年:

今年はエア花見、してみませんか?

============================================================

分析対象のソーシャルメディア、ネット記事分類は以下の通りです。

  • ソーシャルメディア:Instagram, Twitter, Facebook, YouTube, ブログ、製品レビュー、フォーラ ム(掲示板。具体的にはログ速、お悩み掲示板等。)、コメン ト(ニュース記事やブログなどにされているコメント)で公開されているもの
  • オンラインニュース:全世界で250,000媒体、日本は6,000媒体。五大紙(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、産経新聞)のネットニュースを含みます)